教員ブログ

「走る」時、両足が地面から離れるか

  • 子ども学科
  • 2017年7月26日

「走る」と「歩く」の違いは、両足が同時に地面から離れるかどうかだと言われることがあります。確かに、「走る」の意味を、「とびはねるようにして足を速く動かして前に進む」(現代新国語辞典)のように説明することが多い。しかし、私(山梨県東部出身)が使う「走る」は「両足が同時に地面から離れ」なくてもよい。「足をひきずりながら走った」と言うことができるのです。どうしてこういう食い違いが起こるのか。それは、私の語彙には「跳ぶ」があり、「呼ばれたので、跳んで来た」のように使います。「足をひきずりながら跳んで来た」とは言えない。つまり、私の「走る」(公的場面で使用)は「素早く移動する」、「跳ぶ」(日常的に使用)は「足で地面を蹴ってはねるようにして素早く移動する」(他に、「足で地面を蹴って空中にはね上がる」の意味もあります)なのです。これは、おそらく近世頃の用法を保っているもので、共通語の「走る」は「跳ぶ」の意味を奪った新しい用法だと考えられます。共通語の「跳ぶ」には「足で地面を蹴って空中にはね上がる」の意味はあるのに、「足で地面を蹴ってはねるようにして素早く移動する」という意味はないからです。

この「走る」と「跳ぶ」の意味関係は、「歩く」と「歩む」に似ています。「歩く」は「あり・行く」の複合形で(複合形であることはアクセントの特殊性から分かります)、中古の意味は〈あちこち移動する。(馬や舟で移動することもある)〉でした。「歩む」の方は、〈足を使って一歩一歩進む〉でした。現代語の「歩く」は「歩む」の意味を奪ったのです。

(子ども学科 久島茂)

ゼミがつ ゼミにち ゼミようび

  • 子ども学科
  • 2017年7月25日

絵本作家の荒井良二さんがわたしは、すきだ。
あまりにすきなので、ゼミのみんなといっしょに荒井さんの絵本を読むことにした。わたしは「ここがすき」とか「ここが不思議」とか「ここが疑問」など感じるまま思うままに書き連ね、レジュメにして発表した。けれど、そんなモノを簡単に飛び越えてくるようなみんなの「これすき」「これなに」「めちゃかわいい」というコメントや見せ合いっこしてうふふと笑い合っちゃう姿に、くすぐったいようなうれしさと信頼感を得たのだった。

そしてみんなにも作家さんをひとり選んで紹介してもらうことにした。それぞれ文字通り山ほどの絵本と「すき」と「問い」が詰まったレジュメを用意して持ってきてくれた。聞き役のみんなも待ちきれないと言わんばかりに絵本の山に手をのばし読みふける。ほんとうにみんなちゃーんと「紹介したい」「だいすき」っていう気もちをここに持ってきてくれたんだなぁ、そしてみんなちゃーんとその気もちを受けとって感じられるんだなぁ、しみじみすてきなひとたちだなぁと、ますます私の中のよろこびと確かさはふくらんだ。

思いかえせばわたしには、いつもたのしそうにうれしそうに絵本を読み聞かせてくれる母のようなあたたかいセンセイがいた。「すき」でも「きもちわるい」でもなんでもいい、そのひとが確かに感じているその「感じ」が詰まった語りは、しっかりと聞いているわたしたちのからだにも届く。そのことを教えてくれたセンセイだった。そうだそうだこの感じ…これって授業も同じことなんだよなぁと思いめぐらしつつ前期を終えられたこと、「この感じ」を鮮明に思い出させてくれたゼミのみんなに、こころからの ありがとう を伝えたい。

(子ども学科 山下紗織)

2017 教員ブログ用写真 山下紗織

公益財団法人 東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)と協定締結

  • 子ども学科
  • 2017年6月8日

2017年4月1日に、静岡福祉大学は、東京2020組織委員会と協定を締結しました。

静岡福祉大学は、特にパラリンピックや障がい者のスポーツの推進、支援に関して、障がい者スポーツ指導員の養成を通じて行っていく予定です。

先日、その一環として、静岡県との協働事業として、視覚障害者柔道選手でロンドン、リオパラリンピック代表選手の米田真由美選手を招いて講演をしていただきました。

「私と柔道 ~スポーツへ取り組むことで得られたもの~」というタイトルで、視覚障害者柔道の基本的なルールや、柔道をはじめたきっかけ、パラリンピックを目指す中で得られたこと、そして今後の障がい者スポーツの課題についてお話をいただきました。

当日は、健康福祉学科、子ども学科の1年生と、オープンキャンパスに参加いただいた高校生の方々が聴講し、講演後は米田選手に質問をする学生たちが列になっていました。

DSC09630

世界の第一線で活躍されている米田選手の話は説得力があり、競技に対する姿勢に触れることで大変に勇気づけられたとともに、障がい者の方々が活躍できる社会になるにはまだ課題があることに改めて気づかされた講演でした。

今後、静岡福祉大学では、パラリンピック、オリンピックを盛り上げるのは勿論、障がい者スポーツの推進を通じて、障がい者の方々が自分らしく挑戦できる社会の実現を目指していきます。

(子ども学科 齋藤剛)

協定書

🌸花咲月に思う事🌸

  • 子ども学科
  • 2017年3月15日

「染色家志村ふくさんが、染め上げた糸は、淡く燃えるような強さを内に秘めた華やかで深く落ち着いた桜色。これは、桜のはなびらではなく、皮から取り出した色なのです。・・・この色は、1年中どの季節でも取れる訳ではない。桜の花が咲く直前の頃、山の桜の皮をもらって染めるとこうした上気した得もいわれぬ色が出せるのだ・・・春光、間もない花となって咲き出ようとしている桜の木が花びらだけでなく体全体懸命になってピンク色になろうとしている・・・全体の一刻も休むことない活動の精髄が春という時節に桜の花びらというひとつの現象になるに過ぎないのだった・・・・・ 」大岡信「言葉の力」

大人から見たら子どもの心や行動は、理解できなかったり怒ることも多いですが、それは、子ども自身の1部です。子どもの今を輝く姿の中にある見えないエネルギーを感じ、元気のない時も、出来ない時も、困った時も、輝くエネルギーになることを信じ、春の子ども達との出会いに心を膨らませています。

(子ども学科 岡村由紀子)

学生との初ワークショップ

  • 子ども学科
  • 2017年2月24日

こんにちは 子ども学科の八木です。

いまグランシップ(静岡県立複合文化施設)で開催されている「高松宮妃のおひなさま展」。
その初日に、ワークショップを担当しました。
子ども学科1年生4人が、スタッフとして参加してくれました。

画用紙と和紙を使って、オリジナルのおひなさまを作成するワークショップ。
当日は、ちいさなお子さまからご年配の方、グランシップで働く方々も立ち寄ってくださいました。
学生スタッフは、受付でワークショップの内容を伝えたり、来てくださった方につくり方を説明したり、
来場者とたくさんの会話をしながら、一日活躍してくれました。(どうもありがとう。)
授業とはまたちがうこのような経験を、いっしょに重ねていけることがうれしいです。

(子ども学科 八木朋美)

ohinasamaWS

ページの先頭へ