高校生福祉スピーチコンテスト

静岡福祉大学 第10回 高校生福祉スピーチコンテスト 結果報告

平成28年11月27日(日) 13時から、静岡福祉大学 福祉創造館2階 第2大講義室にて、第10回高校生福祉スピーチコンテストを開催いたしました。

今年度は『いま わたしにできること わたしだからできること』をテーマに、静岡県下から50作品の応募がありました。事前審査を経て、10名の皆さんが本選へと進みました。

 

PB220251_200_133 PB220251_200_133 PB220251_200_133 PB220251_200_133

それぞれが自身の体験などを通して感じたことや考えたことを、熱くスピーチして下さりました。

審査員による厳正なる審査の結果、以下の方々が各賞を受賞されました。

最優秀賞 : 松下 星矢さん (静岡県立中央特別支援学校・2年生)

しずふく賞: 松下 星矢さん (静岡県立中央特別支援学校・2年生)

優秀賞  : 鈴木 絢湖さん (静岡県立天竜高等学校・2年生)

       加藤 愛美さん (静岡県立駿河総合高等学校・2年生)

奨励賞  : 樋川祐美香さん (静岡県立富士宮東高等学校・1年生)

       渡辺 理子さん (静岡県立駿河総合高等学校・2年生)

       海和 美希さん (焼津高等学校・3年生)

今年度は初めて、お聴きいただいた皆様にも審査に参加していただきました。「スピーチを聴いて、最も感動した作品」に投票していただき、最も多くの票を集めた作品に対して『しずふく賞』を授与することといたしました。最優秀賞を受賞した松下星矢さんが、しずふく賞もダブル受賞しました。

出場者名と発表作品一覧
発表順 氏名 高等学校名 学年 題名
1 松下 星矢 静岡県立中央特別支援学校 2 何かあったら困るので
2 加藤 愛美 静岡県立駿河総合高等学校 2 私が見つけたコミュニケーションの極意
3 芝田 彩乃 静岡県立駿河総合高等学校 3 知って伝えること
4 渡辺 理子 静岡県立駿河総合高等学校 2 今私にできること 私だからできること
5 青木 麻由子 静岡雙葉高等学校 2 想いをよせること
6 鈴木 絢湖 静岡県立天竜高等学校 2 笑顔があふれる保育園を目指して
7 高野 萌花 静岡女子高等学校 2 東日本大震災を経て
8 樋川祐美香 静岡県立富士宮東高等学校 1 羽ばたけ将来の私に向かって
9 小嶋 理恵 静岡県立清流館高等学校 2 今、私が実習を終えて思ったこと 私に出来ること
10 海和 美希 焼津高等学校 3 私にも出来る祖母へのエール

 

 

 

 

お問い合わせ先
〒425-8611 静岡県焼津市本中根
549-1
静岡福祉大学
高校生福祉スピーチコンテスト係

TEL:054-623-7000 
FAX:054-623-7453

ページの先頭へ