• 静岡福祉大学  >
  • 就職・資格にについて  >
  • 地域の人のために、私がしていること。

卒業生が「福祉」を学んで、誰かのためにしていること。

社会で活躍している 卒業生

地域の人のために私がしていること。

将来は、地域のみなさんと接する仕事がしたい、子どもからお年寄りまで、日々の暮らしに安心、安全を届けたい、大好きな地元をもっと好きになりたい。
地域の環境をより良くする仕事はたくさんあります。 色々な場所で、色々な方法で、地域の人と共に、住みやすい環境づくりをしている静岡福祉大学出身の先輩達を紹介します。

地域の人のために働くって?

地域の人と関わる仕事は、様々な種類があります。
地域の人とふれあい、地域のためにつくすことで、自分自身も成長できます。

市役所など 公務員として、市役所・県庁などで、福祉サービスを必要としている人の相談にのり、生活保護を必要とする人への適用手続きなどを行います。
会社 人々が安心安全な生活を送るために必要なもの、サービスの企画、制作、販売を行います。
病院 病院の窓口等で、来院した方の対応や、入退院時の各種手続きのサポートを行います。
福祉施設 日々の生活の中で起きる様々な問題に対しての、相談援助を行います。
福祉事務所 地域福祉を推進するために、様々な企画・事業を行います。また地域と専門機関の橋渡しを行います。
学校 児童の抱える相談に応じる相談員(スクールソーシャルワーカー)として、児童本人はもちろん、その家族や、教師などへ働きかけ、児童の問題解決のサポートを行います。

ページの先頭へ