• 静岡福祉大学  >
  • 就職・資格にについて  >
  • 障がいを持つ方のために、私がしていること。

卒業生が「福祉」を学んで、誰かのためにしていること。

社会で活躍している 卒業生

障がいを持つ方のためにわたしがしていること。

将来は、障がいをもった人と接する仕事がしたい、ハンディキャップに関係なく色々なことに挑戦する姿を見守りたい、日々の生活で楽しいことをたくさん見つけてほしい。 ハンディキャップをもった方をサポートする仕事はたくさんあります。
色々な場所で、色々な方法で、障がいを持った方と共に成長している静岡福祉大学出身の先輩達を紹介します。

障がいを持つ方のために働くって?

障がいを持つ方と関わる仕事は、様々な種類があります。
様々な障がいを持った方の心や体を支えることにやりがいを感じます。

福祉施設 日常生活のケアや、自立のサポートを行います。また利用者の家族へのサポート、アドバイスも行います。
病院 入退院時の手続きのサポートはもちろん、入院中の本人やその家族が抱える問題について寄り添い相談援助を行います。
会社 障がいを持つ方の安心安全な生活を支える様々なサービス、商品の企画、制作、販売等を行います。
市役所など 公務員として、市役所・県庁などで、障がいを持った方の生活がより良いものになるために、行政サービスへのサポートや、施設の整備、制度の充実を図ります。
障がい児
関連施設
障がいを持った子ども達が、健やかに成長できるよう、指導、育成計画を立て実行したり、サポートを行います。
障がい福祉
サービス事業所
地域で自立した生活を送るため、就労支援などを行います。

ページの先頭へ