関連施設

心の相談センター

卒業生や地域で「こころのケア」にあたっている方への支援

揺れ動く社会の中で、子どもの発達課題や親子関係など子育てに関する課題、不登校や引きこもりなど社会適応に関連する課題、うつ病、高齢者の認知症の課題など、様々な心理的な側面による問題が顕在化しています。
センターのスタッフは、本学の教員であり、臨床心理士、精神保健福祉士など心のケアの専門家・研究者です。当センターでは、心のケア活動に従事する方々に対する支援として、研修会、スーパービジョン、コンサルテーションを行うことで、卒業生の育成や地域・社会のメンタルヘルスに貢献します。

リカレント教育

福祉をリードする卒業生の育成やケアの向上を支援します。

  • アセスメントや心理的な側面からの理解を高めることでケアの向上を目指します。
  • 本学で学んだ心理統計や研究法、心理検査演習など専門的な知識・技術を活かし、現場での問題を研究し、社会に発信する力をつけるよう支援します。
  • 臨床発達心理士受験や大学院受験を支援します。
地域支援

地域の子どもから高齢者まで幅広い年齢を対象に支援を行う従事者への、心理的側面からの支援とネットワーク作りを支援します。

<事業内容>
  1. 研修会の実施
    • 子育て支援者、高齢者支援者、ひきこもり支援者等ヒューマンケアサービス従事者対象に研修会を企画、実施します。
  2. スーパーヴァイズ
    • 児童養護施設や高齢者施設の職員、スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーや教員、ひきこもりの支援者といったヒューマンケアサービスに従事する者に対する職務に関するスーパーヴァイズを行ないます。
    • 臨床発達心理士など資格取得のための事例報告書作成に関するスーパーヴァイズを行います。
  3. 事例検討会の実施
    • スクール・ソーシャルワーカーに関する勉強会・事例検討会
    • 継続した事例検討会

ページの先頭へ