しずふく資格リスト

ジャンルから探す

心理系

児童福祉司(任用)

地方自治体の児童相談所には、子どもたちやその家族から、児童福祉に関するさまざまな相談が寄せられます。「児童福祉司(任用)」の仕事は、専門の知識をもちいて調査・診断をし、適切なサポートを行います。必要な条件を満たしたうえで地方公務員試験に合格すると、「児童福祉司(任用)」として、児童相談所に配属されます。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

医療福祉学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。※社会福祉士国家試験受験資格を取得する者のみ。

健康福祉学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。※社会福祉士国家試験受験資格を取得する者のみ。

児童指導員(任用)

児童養護施設や知的障害児施設などの施設において、子どもたちの生活指導を行います。施設の行事や活動を通して社会のルールやマナーなどを指導し、児童相談所や児童が通学する学校との連絡、施設に入る児童の親との連絡や面接などの仕事も担当します。地方公務員試験に合格し、自治体の児童養護施設などに配属されることで、児童指導員として働くことができます。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

認定心理士

心理学の専門家として仕事をするために必要な基礎知識と基礎技術を修得したことを日本心理学会が認定する資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

福祉心理士

福祉で働く心理職として必要とされる資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

心理学検定

いろいろな専門分野の心理学会が連合して、心理学の知識をきちんと修得していることを証明する資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

メンタルヘルス・マネジメント検定

職場で必要とされるメンタルヘルスの知識や対応についての能力を証明する資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

産業カウンセラー

応用心理学の一分野である産業心理学に基づき、職場での心理的な悩みや人間関係の問題、従業員のメンタルヘルス等をトータルでケアする仕事です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

臨床発達心理士

発達の臨床に携わる幅広い専門家に開かれた資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

ページの先頭へ