しずふく資格リスト

学科から探す

福祉心理学科

高等学校第1種教員免許「福祉」

大学で指定した教職課程を選択すると、福祉教育に関する免許が取得できます。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

教職課程を選択すると取得できます。

医療福祉学科

学科詳細へ

教職課程を選択すると取得できます。

健康福祉学科

学科詳細へ

教職課程を選択すると取得できます。

社会福祉士(国家資格)

専門知識・技術を持って、福祉サービスを必要とする人の相談にのり、様々なアドバイスや援助を行うスペシャリストの国家資格です。
福祉施設では「ソーシャルワーカ一」として、医療機関では「医療ソーシャルワーカー」として活躍しています。
2015年には4人に1人が65歳以上の高齢者になるといわれる中で、社会福祉士へのニーズと期待は高まっていますが、その数は圧倒的に不足しています。今後は、医療や福祉の分野だけでなく、教育や司法の分野でもその役割が広がっていくと期待されています。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

受験資格が得られます。

医療福祉学科

学科詳細へ

受験資格が得られます。

健康福祉学科

学科詳細へ

受験資格が得られます。

精神保健福祉士(国家資格)

精神科の病院などで働くソーシャルワーカーの国家資格です。
さまざまな「心の病気」をもつ方の問題解決や自立に向けた、助言・指導・訓練を行います。
精神科の病院や障害福祉サービス事業所などで、障がいをもつ方の社会復帰をサポートするのが主な仕事です。
高ストレス社会が進むなかで、一般企業のメンタルヘルスにも精神保健福祉士へのニーズは高まっています。
また、精神科・神経科病院のソーシャルワーカーのほとんどがこの資格を持っています。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

受験資格が得られます。

医療福祉学科

学科詳細へ

受験資格が得られます。

社会福祉主事(任用)

身体障害者や知的障害者、母子家庭、児童や老人、生活保護が必要な人など、保護や援助を求めている人々の相談に応じ、福祉関係の法律に照らし合わせて適切な援助の方法を決め、各種の手続きを行います。一般的にはケースワーカーと呼ばれ、地方自治体の福祉課、福祉協議会、社会福祉事務所などで公務員として働く時に与えられる任用資格となります。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

医療福祉学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

健康福祉学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

子ども学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

児童福祉司(任用)

地方自治体の児童相談所には、子どもたちやその家族から、児童福祉に関するさまざまな相談が寄せられます。「児童福祉司(任用)」の仕事は、専門の知識をもちいて調査・診断をし、適切なサポートを行います。必要な条件を満たしたうえで地方公務員試験に合格すると、「児童福祉司(任用)」として、児童相談所に配属されます。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

医療福祉学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。※社会福祉士国家試験受験資格を取得する者のみ。

健康福祉学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。※社会福祉士国家試験受験資格を取得する者のみ。

児童指導員(任用)

児童養護施設や知的障害児施設などの施設において、子どもたちの生活指導を行います。施設の行事や活動を通して社会のルールやマナーなどを指導し、児童相談所や児童が通学する学校との連絡、施設に入る児童の親との連絡や面接などの仕事も担当します。地方公務員試験に合格し、自治体の児童養護施設などに配属されることで、児童指導員として働くことができます。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

介護職員初任者研修

ホームヘルパー2級から移行した資格で、介護分野の基礎的な資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

医療福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

健康福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

福祉用具専門相談員

障がいにあわせた福祉用具の選定や使い方を指導するエキスパートを認定する資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

医療福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

健康福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

サービス介助士

高齢者や障がい者への「おもてなしの心」と「介助技術」を身につけるための資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

医療福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

健康福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

手話技能検定

聴覚障がいの方とのコミュニケーションに必要な、手話の技能を認定する資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

医療福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

健康福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

日本語ワープロ検定

ワープロソフトの有効的な利用を通じて文書処理能力の向上を図る資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

医療福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

健康福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

情報処理技能検定(表計算)

表計算ソフトウェアを有効的に利用した情報処理能力の向上を図る資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

医療福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

健康福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

ビジネス能力検定

社会人としての最低限の知識やマナーに関する資格で就職の時に役立ちます。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

医療福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

健康福祉学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

レクリエーション・インストラクター

レクリエーション・インストラクターは、さまざまなレクリエーション活動(スポーツ、遊びなど)を対象者に合わせてアレンジし、 リードして対象となる方々の緊張をほぐしてコミュニケーションをとりやすい雰囲気を作ったり、交流を促進するための資格です。保育や学校教育、高齢者施設、スポーツ活動、地域活動などさまざまな場面での雰囲気作り、交流促進で役立つ資格です。そのための理論、技術を学び、集団を対象に適切に指導できる人に対して、日本レクリエーション協会が認定します。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

医療福祉学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

健康福祉学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

子ども学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

認定心理士

心理学の専門家として仕事をするために必要な基礎知識と基礎技術を修得したことを日本心理学会が認定する資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

福祉心理士

福祉で働く心理職として必要とされる資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

卒業と同時に取得できます。

心理学検定

いろいろな専門分野の心理学会が連合して、心理学の知識をきちんと修得していることを証明する資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

メンタルヘルス・マネジメント検定

職場で必要とされるメンタルヘルスの知識や対応についての能力を証明する資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

産業カウンセラー

応用心理学の一分野である産業心理学に基づき、職場での心理的な悩みや人間関係の問題、従業員のメンタルヘルス等をトータルでケアする仕事です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

臨床発達心理士

発達の臨床に携わる幅広い専門家に開かれた資格です。

対応学科

福祉心理学科

学科詳細へ

奨励している資格です。

ページの先頭へ