大学紹介

教員情報詳細

氏名 上野 永子 Noriko Ueno
性別
最終学歴 2011年 9月
関西学院大学大学院文学研究科
博士課程後期課程修了
学位 教育心理学博士(関西学院大学)
主な職歴
2002年4月
吹田市立教育センター相談員(2006年3月まで)
2006年4月
静岡県スクールカウンセラー(2008年3月まで)
2008年4月
常葉学園大学学生相談室カウンセラー(2013年3月まで)
2013年4月
静岡福祉大学 社会福祉学部 
福祉心理学科 講師(2015年3月まで)
2015年4月
静岡福祉大学 子ども学部 子ども学科 講師(現在に至る)
2017年4月
特定非営利活動法人 静岡市里親家庭支援センター
心理相談員(現在に至る)
2017年4月
静岡市 発達相談員(現在に至る)
専門分野 臨床心理学
現在の研究テーマ アタッチメントの視点からの養育者支援、アタッチメント志向精神療法
現在の所属学会

日本心理臨床学会、日本思春期青年期精神医学会、日本家族心理学会、日本心理学会、日本発達心理学会、日本学生相談学会

現在の主な社会活動

焼津市発達支援ネットワーク代表者会議メンバー

授業担当科目

心理検査演習、児童福祉心理学、保育心理学演習、保育実習指導、保育実習、家族心理学、発達支援論、発達支援演習、卒業研究

研究業績
(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 「K.G.りぶれっと 心理科学の射程」(第4章 自分の母親との関係性と子育てとの関連について),関西学院大学出版会,67-85,2012.

(学術論文)

(単著) 前青春期心性をもつ母親との面接過程-セラピストがchumとして機能すること-,心理臨床学研究,第26巻第3号,日本心理臨床学会,302-313,2008.
(単著) 選択性緘黙症男児に対する同一セラピストによる母子並行面接-DWウィニコット理論からの検討-,心理臨床学研究,第28巻第5号,日本心理臨床学会,2011.
(単著) 母親の幼少期における愛着パターンと子育ての関連,家族心理学研究,第26巻2号,日本家族心理学研究,2012.

(その他)

○紀要論文
(単著) Adult Attachment Interviewの臨床への適用とその展望,人文論究,第59巻第4号,関西学院大学,164-180,2010.
(単著) アタッチメント理論に基づく介入ー施設保育士養成における実践に向けてー,静岡福祉大学紀要,第13巻,静岡福祉大学, 57-62, 2017.
○翻訳
(共著) 「解決志向グループワークー臨床心理学の応用とその展開」,(第8章「困難な」グループをマネージメントする),晃洋書房,184-208,2009.
○学会発表
(単著) Phantasyを語り続ける抜毛症の男子との面接過程,日本思春期青年期精神医学会第20回大会,2007.
(単著) ある場面緘黙症男児とのプレイセラピー過程-セラピストがクライエントの攻撃性から“生き残り”不安を”抱える”こと-,日本心理臨床学会第26回大会,2007.
(共著) 不登校になったアスペルガー症候群の女子生徒が再登校を果たすプロセス,日本LD学会第16回大会,2007年.
(共著) 母親の就業に関する意識および養育態度と子どもの社会的スキルの関連について,日本教育心理学会第50回大会,2009.
(共著) 青年期におけるアタッチメントと就学前の母子関係,日本心理学会第74回大会,2010.
(共著) 児童養護施設入所児とケアワーカーの愛着―相互作用、問題行動、バーンアウトとの関連ー,日本発達心理学会第25回大会,2014.
(共著) 愛着パターンの変容可能性についての研究ーAdult Attachment Interviewデータからの検討―,日本家族心理学会第31回大会,2014.
(単著) Adult Attachment Interviewを用いた介入効果についての研究ー精神分析的カウンセリングはクライエントの何を変容させるのかー,日本心理臨床学会第33回大会,2014.
(共著) リフレクティブ機能と安定したアタッチメントによる不適切な養育環境が解離に与える影響の緩和,日本心理学会第71回大会,2014.
(共著) Reflective Function and Attachment as a Key for later Development of pathological dissociation from Their Adverse Childhood Environment,International Society for the Study of Trauma and Dissociation 32ND Annual Conference, April, 2015.

ページの先頭へ