大学紹介

教員情報詳細

氏名 坪井 一伸 Kazunobu Tsuboi
性別
最終学歴 2008年 4月
九州保健福祉大学大学院
社会福祉学研究科社会福祉学専攻
修士課程修了
学位 修士(社会福祉学)
主な職歴
1998年3月
愛知県弥富町社会福祉協議会 弥富町福祉授産所 入職
2004年4月
あいち福祉医療専門学校 介護福祉学科 講師
2006年4月
岡山県立大学 短期大学部 講師
2007年4月
岡山県立大学 保健福祉学部 保健福祉学科 講師
2013年4月
大阪保健福祉専門学校 介護福祉学科 講師
2016年4月
静岡福祉大学社会福祉学部 健康福祉学科 講師(現在に至る)
専門分野 介護福祉分野(障がい者介護、家族介護)
現在の研究テーマ 障がい者の家族支援
現在の所属学会

日本社会福祉学会、日本介護福祉学会

現在の主な社会活動

大阪府介護職員初任者研修講座

授業担当科目

障害の理解B、介護の基本Ⅱ、介護の基本C、コミュニケーション技術A、生活支援技術A・B
介護過程E、介護総合演習A・B・C・D、介護福祉実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

研究業績
(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 最新介護福祉全書 第6巻 生活支援技術Ⅱ障害編 メヂカルフレンド 第7章発達障害のある人の生活支援技術 165-217、2012
(共著) 最新介護福祉全書 第11巻 障害の理解 メヂカルフレンド 第7章発達障害のある人の理解 139-171、2012
(共著) 最新介護福祉全書 第11巻 障害の理解 第2版 メヂカルフレンド 第7章発達障害のある人の理解 179-218、2015
(共著) 最新介護福祉全書 別巻4 障害別生活支援技術 第7章 メヂカルフレンド 第7章発達障害のある人の生活支援技術 165-217、2015

(学術論文)

(単著) 知的障害者の家族支援ニーズに関する研究「障害者自立支援法との関わりで」九州保健福祉大学大学院「修士論文集」2008

(その他)

○研究紀要等
(共著) 「精神障害者への介護」における当事者参加の学習効果 岡山県立大学短期大学部研究紀要第14巻 2007
(共著) アクティビティの定義に関する検討 岡山県立大学紀要、短期大学紀要第14巻 2007
○学会発表
(共同) 精神障害者への介護における当事者参加の学習効果 第14回日本介護福祉学会 2006
(共同) 実習時の介護技術体験が次実習におけるケース選定との関連 第14回日本介護福祉学会 2007
(単独) 知的障害者の家族支援ニーズに関する研究 第17回日本介護福祉学会大会分科会介護福祉の実践②:地域 2009
(共同) 岡山県内におけるフィリピン介護士の養成に資する介護福祉用語の日本語と英語の対応化に関する基礎研究 OPUフォーラム 2010
(共同) 感覚援助空間の開発に関する研究 OPUフォーラム 2010 
(共同) フィリピン人介護福祉士候補生と日本人介護福祉士の介護観の相違 第18回日本介護福祉学会 2010
(単独) 知的障害者の家族支援ニーズに関する一考察 第18回日本介護福祉学会 2010

ページの先頭へ