大学紹介

教員情報詳細

氏名 太田 洋一 Yoichi Ohta
性別
最終学歴 2009年3月
大阪体育大学大学院
スポーツ科学研究科
博士後期課程修了
学位 博士(スポーツ科学)
主な職歴
2008年3月
鹿屋体育大学 研究補助員
2008年6月
鹿児島医療福祉専門学校 理学療法学科 非常勤講師
2009年4月
大阪体育大学 体育学部 助手
2010年4月
国立スポーツ科学センター 研究員
2011年4月
愛知淑徳大学 健康医療科学部 スポーツ・健康医科学科 助教
2012年4月
東海学園大学 経営学部 非常勤講師
2016年4月
静岡福祉大学 健康福祉学科 講師 (現在に至る)
専門分野 スポーツ科学
現在の研究テーマ ヒトの身体運動のパフォーマンスを決定する要因の検討
現在の所属学会

日本体育学会、日本運動生理学会、日本バイオメカニクス学会、日本体力医学会、日本トレーニング科学会

現在の主な社会活動
授業担当科目

スポーツ実習①・②、生涯スポーツⅠ①・Ⅰ②、生涯スポーツⅡ①・Ⅱ②、健康科学概論、健康トレーニング論、体力測定評価演習、健康トレーニング実習、機能解剖学、健康と生活実習、健康福祉総合演習、キャリア支援ⅠA、キャリア支援ⅠB

研究業績
(過去10年のもの)

学術論文

(単著) 筋音図(MMG)を用いた筋の収縮特性に関する研究 大阪体育大学、博士論文、2009.
(共著) In vivo behaviour of human muscle architecture and mechan omyographic response using the interpolated twitch technique.Journal of Electromyography and Kinesiology. Journal of Electromyography and Kinesiology, 19e154-e161,2009.
(共著) The effects of muscle architectural change with a pro-motion silent period on the subsequent muscular output during rapid voluntary movement. Journal of Electromyography and Kinesiology 20136-141,2010.
(共編) Changes in force and tendinous tissue elongation during the early phase of tetanic summation in vivo human tibialis anterior muscle.Journal of Biomechanics 43998-1001.2010.
(共著) The effect of summation of contraction on acceleration signals in human skeletal muscle. Journal of Electromyography and Kinesiology. Vol.20. Issue 5,1007-1013,2010.
(共著) 簡易な測定法を用いた走幅跳におけるパフォーマンスと助走・踏切速度の関係、コーチング学研究、Vol.24, No.1, 27-33、2010.
(共著) 自転車競技の発走機を用いたスタートにおける体幹および上肢のキネマティクスとパフォーマンスの関係、 トレーニング科学Vol.23, No.1、21-30、2011.
(共著) The diameter and compliance of conducting artery in trained persons with tetraplegia, International Journal of Sport and Health Science Vol,9, 49-53, 2011.
(共著) 大学における健康講座の実施について 愛知淑徳大学 アクティブラーニング 第5号 1-13 2011.
(共著) 自転車競技(200mFTT,250mTT,500mTT,1KmTT,4KmTT)における記録とレース中の速度変化特性、クランク回転数変化特性およびギア比との関係 トレーニング科学Vol.23. No.2. 177-195 2011.
(共著) 流速の異なるクロール動作中の腹腔内圧の変化様相 トレーニング科学Vol.24, No.1、 69-75 2012.
(共著) Kinesthetic aftereffects induced by a weighted tool on movement correction in baseball batting. Human Movement Science, Vol. 31, Issue 6, 1529-1540 2012.
(単著) Effects of tendinous tissue properties on force output evoked by 2-pulse trains at different inter-pulse intervals in the human tibialis anterior muscle. Acta of Bioengineering and Biomechanics. Vol.14, No.4,45-52 2012.
(共著) Possibility of intrinsic muscle contractile properties in force summation and post-activation potentiation as indices of maximal muscle strength and muscle fatigue. Muscle&Nerve Vol.47(6), 894-902 2013.
(単著) The relationship between changes in joint kinematics parameters and mechanom yographic signals during non-isometric contraction in human skeletal muscle. Acta of Bioengineering and Biomechanics. Vol.15, No.2, 97-104 2013.
(共著) Warm-up with weighted bat and adjustment of upper limb muscle activity in bat swinging under movement correction conditions. Perceptual & Motor Skills, 118(1) 96-113.
(共著) Force summation and twitch potentiation capacity in humanankle plantar-and dorsi-flexor muscles. Journal of Musculoskeletal Research, Vol. 17, No.3 (10 pages) 2014.
(共著) Muscle activation characteristics of the front leg during baseball swings with timing correction for sudden velocity decrease. PloS one 10(4) :e0124113 2015.
(共著) バレーボール競技におけるブロックとセット取得との関係 健康医療科学研究 第5号、 1-8 2015.
(共著) バットグリップ位置の変化が野球の打撃タイミングと床反力および筋活動に与える影響 体育学研究60、527-537 2015.
(単著) Effects of oncoming target velocities on rapid force production and accuracy of force production intensity and timing.Journal of Sports Sciences.Accepted 23 Nov 2016,Published online:12 Dec 2016.
(共著) 垂直跳と下肢等尺性筋力発揮のグレーディング能力の関連性,トレーニング科学,vol.27,No.4,133-139,2016.

(学会発表・国内)

(共同) Twitch interpolationにおける筋収縮特性の検討 第19回日本バイオメカニック学会大会 2006.
(共同) 筋音図及び超音波画像診断装置を用いた twitch interpolation 時における筋収縮特性の検討第61回日本体力医学会 2006.
(共同) 車椅子ツインバスケットボール選手の持ち点が試合中の移動距離と移動速度に与える影響 日本体育学会第58回大会 2007.
(共同) 動作前 Silent Period 出現における筋動態の変化 日本体育学会第58回大会 2007.
(共同) 異なる収縮強度における加重筋音図と筋硬度の関係 第62回日本体力医学会 2007.
(共同) 連続刺激における単収縮加重初期の張力増強効果について 第20回日本バイオメカニック大会 2008.
(共同) すばやい随意的な動作前の筋動態の変化がその後の筋出力に与える影響 日本体育学会第59回大会 2008.
(共同) 異なる刺激回数および刺激頻度での誘発張力と筋音図との関係 第63回日本体力医学会 2008.
(共同) 異なる刺激間隔での2回連続刺激における張力増強効果と筋収縮動態の関係 日本体育学会第60回記念大会 2009.
(共同) 単収縮加重初期の張力増強効果が関連運動に与える影響 第64回日本体力医学会 2009.
(共同) 垂直飛びと下肢筋力の主観的努力度と客観的出力の対応関係 第22回トレーニング科学会大会 2009.
(共同) マスターズ短距離選手の中間疾走時のピッチとストライド 第48回大阪体育学会 2010.
(共同) マスターズ短距離選手のスタート動作の特徴 -スライド、ピッチ、歩隔の変化から- 第48回大阪体育学会 2010.
(共著) 重いバットで素振りを行った後の重さの錯覚が野球打撃動作の上肢筋活動に与える影響 日本体育学会第61回大会予稿集 156 2010.
(共著) 自転車4Kmインディビデュアル・パーシュート競技の記録に影響する速度要因について 第23回日本トレーニング科学大会 37 2010.
(共著) 自転車競技のタイムトライアル種目におけるスタート動作のバイオメカニック的研究 第23回日本トレーニング科学大会 37 2010.
(共著) 自転車1Kmタイムトライアルの記録に影響する速度の要因について 第23回日本トレーニング科学大会 66 2010.
(共著) 自転車200mフライングタイムトライアル競技の記録に影響する速度の要因について 第23回日本トレーニング科学大会 66 2010.
(共著) 骨盤の回転動作および体幹の捻転動作がバッティングのタイミング調整に及ぼす影響 日本体育学会第62回大会予稿集 146 2011.
(共著) 重いバットでの素振りが打撃時のタイミング制御に及ぼす影響 日本体育学会第62回大会予稿集 96 2011.
(共同) 筋疲労が加重張力の活動後増強に及ぼす影響 第66回日本体力医学会 2011.
(共著) 野球選手の標的速度変化に対するタイミング制御能力について 日本体育学会第64回大会予稿集 127 2013.
(共同) 発揮張力における活動後増強と収縮加重の関係 第69回日本体力医学会 2014.
(共同) 異なる標的速度状況下においてバットを短く持つと野球打撃の時間的な正確性は高まるのか? 第69回日本体力医学会 2015.
(共同) フライングディスクのサイドおよびバックハンドスローにおける標的距離とディスク速度および回転数の関係 第28回日本トレーニング科学会大会 2015.
(単著) 球技競技選手の移動標的に対する素早い力発揮とタイミングの正確性について,日本体育学会第67回大会,2016.

(学会発表・海外)

(共著) In vivo Behaviour of Muscle Architecture and Mechanomyographic Response during Interpolated Twitch. Journal of Biomechanics,Volume 40, Supplement 2, 693 2007.
(共同) In vivo Behaviour of Muscle Architecture Immediately After PMSP Appearance. 12thAnnual Congress of the European College of Sport Science 2007.
(共同) The influence of the extent of pre-stretching movement on increase in peak acceleration with Pre-Motion Silent Period in the elbow extension. Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science 2007.
(共同) Effect of postactivation potentiation on endurance time in the dorsiflexors. 13th Annual Congress of the European College of Sports Science. 2008.
(共同) Force generation and fascicle length shortening at different number of stimuli pulse. 13th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2008.
(共著) Influence of age on the sprint running movement in master sprint runners. 13th World Sport for All Congress 14-17 June 2010 .
(共著) Movement reaction in master sprint athletes. 13th World Sport for All Congress 14-17 June 2010 .
(共著) The effect of summation of contractio on mechanomyographic signals from human skeletal muscle. 15th annual Congress of the ECSS 23-26 june 2010 Antalya-Turkey 2010.
(共著) Age-specific performance factors of masters spilt start 15th annual Congress of the BCSS 23-26 June 2010 Antalya-Turkey. 2010.
(共著) Relationships between sprint runningveloc velocity and running movements in masters sprinters. 15th annual Congress of the ECSS 23-26 June 2010 Antalya-Turkey. 2010.
(共著) Fatigue-induced changes in longitudinal relaxation time obtained by magnetic resonance imaging. 16th annual Congress of the ECSS 6-9 July 2011,Liverpool-UK 2011.
(共著) Possibility of intrinsic muscle contractile properties as an index of maximal muscle strength and muscle fatigue. 17th annual Congress of the ECSS 4-7 July 2012, Bruges-Belgium. 2012.
(単著) Force production and coincident timing accuracy during rapid gripping at different target velocities in ball game players. 20th annual Congress of the ECSS 24-27 June 2015,Malmo-Sweden 2015.

ページの先頭へ