大学紹介

教員情報詳細

氏名 小林 哲也 Tetsuya Kobayashi
性別
最終学歴 2006年 3月
明治学院大学大学院社会学研究科
社会福祉学専攻博士前期課程
単位取得前期修了
学位 社会福祉学修士
(明治学院大学大学院社会学研究科
社会福祉学専攻)
主な職歴
2006年4月
特別養護老人ホーム 至誠ホーム 介護職員
2007年4月
立教大学 コミュニティ福祉学部 福祉学科 助手
2011年4月
大妻女子大学 人間関係学部 人間福祉学科 助教
2011年7月
アルファ医療福祉専門学校 非常勤講師
2013年4月
武蔵野大学 人間科学部 社会福祉学科 非常勤講師
2016年4月
静岡福祉大学 健康福祉学科 助教(現在に至る)
専門分野 高齢者福祉、介護保険制度
現在の研究テーマ 介護保険制度におけるサービス利用の地域性
現在の所属学会

日本社会福祉学会、日本介護福祉学会、日本地域福祉学会、日本社会福祉教育学会、福祉社会学会

現在の主な社会活動
授業担当科目

高齢者福祉サービス、介護福祉、相談援助演習A・B・C・D・E、相談援助実習指導、相談援助実習指導A、相談援助実習

研究業績
(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 2013介護福祉士国家試験過去問題解説集、中央法規、2012.
(共著) 2014介護福祉士国家試験過去問題解説集、中央法規、2013.
(共著) 社会福祉士・精神保健福祉士誤文で学ぶ!出題パターン見極めトレーニング、日総研、113~121、2013.
(共著) 2015介護福祉士国家試験過去問題解説集、中央法規、2014.
(共著) 新社会福祉士養成課程対応 就労支援サービス、みらい、31~37、2015.
(共著) 2016介護福祉士国家試験過去問題解説集、中央法規、2015.
(共著) 2017介護福祉士国家試験過去問題解説集、中央法規、2016.

(学術論文)

(単著) 介護保険制度における要介護認定率の地域性-都道府県別要介護認定率の傾向による分析-、介護福祉学第22巻第1号、日本介護福祉学会、36-44、2015.
(単著) 家族構造の地域性が介護保険制度における居宅サービスの利用に与える影響、社会福祉学評論第15号、日本社会福祉学会関東部会、69-81、2015.

(その他)

○紀要
(単著) 都道府県別要介護認定率の較差とその要因に関する考察:世帯構造からの分析を中心に、立教大学コミュニティ福祉学部紀要第12号、31-44、2010
(単著) 介護保険制度における要介護認定率と世帯構造による都道府県の類型化、立教大学コミュニティ福祉学部紀要第13号、101-116、2011
(単著) 介護保険制度における都道府県別要介護認定率の較差と要介護度の関係性、大妻女子大学人間関係学部紀要第13号、117-128、2012
(単著) ソーシャルワーク教育における実習生の資質に関する国際比較-イギリス・アメリカ・日本のソーシャルワーカーに至る過程から-  大妻女子大学人間関係学部紀要第14号、71-83、2013
(共著) 相談援助実習指導における少人数制を活用した授業運営と評価方法に関する研究、人間生活文化研究第24号、222-229、2014
(単著) 相談援助実習指導における課題とルーブリックの有効性、大妻女子大学人間関係学部紀要第15号、1-12、2014
(共著) 相談援助実習における実習前教育の評価法作成に関する一考察、人間生活研究、第25号、168-180、2015
(単著) 介護保険サービス利用とその地域性-在宅介護の3本柱を中心に-、大妻女子大学人間関係学部紀要第16号、57-67、2015
(単著) Andersenのサービス利用の行動モデルにおけるContextの概念、大妻女子大学人間関係学部紀要第17号、55-64、2016
○学会発表
(単独) 介護保険制度における要介護認定率の較差の特性-要介護度との関連性と較差の地域性の分析-、第19回日本介護福祉学会、2011
(単独) 世帯構造の地域特性が介護保険制度に与える影響-都道府県別要介護認定率の較差と世帯構造の関連性からの分析-、第59回日本社会福祉学会秋大会、2011
(単独) 介護保険制度における要介護認定率とその地域性の分析-要介護度別 要介護認定率による都道府県の分類を基に-、第20回日本介護福祉学会大会、2012
(単独) 介護保険制度における要介護認定率の較差と要介護度の関係性-要介護度別 要介護認定率の較差とその要因の分析-、第60回日本社会福祉学会秋大会、2012
(単独) 相談援助実習指導における少人数制を活用した授業運営と評価方法に関する研究-ルーブリックの理論と活用方法、第3回日本社会福祉教育学会春季研究集会、2013
(単独) 介護保険制度における要介護認定率の地域性に関する理論的考察-福武直の農村社会学による-考察-、第27回日本地域福祉学会大会、2013
(単独) 相談援助実習指導における授業の標準化と評価方法に関する研究-ルーブリックによる評価方法の活用について-、第61回日本社会福祉学会秋大会、2013
(単独) 高齢者扶養の地域性とその類型化の試み、第12回福祉社会学会、2014
(単独) 家族構成の地域性が介護保険サービスの利用に与える影響-介護保険サービス利用率にみる地域の実情の分析-、第62回日本社会福祉学会秋大会、2014
○報告書
(共著) 相談援助実習指導における少人数制活用した授業運営と評価方法に関する研究、Ⅲ.社会福祉士養成教育における相談援助実習指導の現状、9-16、Ⅳ.専門職養成教育におけるルーブリックの意義と具体的活用、17-23、2013

ページの先頭へ