大学紹介

教員情報詳細

氏名 本多 祥子 Shoko Honda
性別
最終学歴 2015年3月
武蔵野大学大学院人間学研究科
人間学専攻修了
学位 修士(人間学)
主な職歴
1988年4月
富士市立中央病院
1992年8月
財団法人恵愛会 吉原病院(現:聖隷富士病院)
1999年9月
株式会社ニチイ学館 講師
2009年5月
静岡福祉医療専門学校 専任教員
2011年6月
大妻女子大学 非常勤講師
2014年4月
静岡福祉大学 非常勤講師
2015年4月
静岡福祉医療専門学校 非常勤講師
2015年4月
東京福祉専門学校 非常勤講師
2016年4月
静岡福祉大学 社会福祉学部 健康福祉学科 助教(現在に至る)
専門分野 看護学 終末期医療
現在の研究テーマ 延命医療と代替医療、エンドオブライフ・ケア
現在の所属学会

日本緩和医療学会、日本介護福祉学会、日本介護福祉教育学会、日本保健福祉学会、一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会

現在の主な社会活動

富士市・雫石町少年交流事業保健担当

授業担当科目

人体の構造と機能及び疾病、医療的ケアA・B・C、こころとからだのしくみA・B、発達と老化の理解A・B、介護総合演習A・B・C・D、介護福祉実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、卒業研究Ⅰ

研究業績
(過去10年のもの)

(学術論文)

(単著) 生と死をめぐる諸問題 -臓器移植における倫理的諸問題-,武蔵野大学大学院人間学研究科人間学専攻課題研究,2015.

(その他)

○学会発表
(単独) エンドオブライフ・ケアにおけるAHNのあり方と課題 -介護学生を対象とした意識調査を通して- 第23回日本介護福祉学会大会,2015.
(単独) 医療的ケア「喀痰吸引」教育における吸引以外の排痰ケアの必要性について-排痰ケア「体位ドレナージ」の演習を通して-,第24回日本介護福祉学会大会,2016.
○紀要
(単著) その人らしいエンドオブライフ・ケアにおけるAHNのあり方の一考察 -介護学生を対象とした意識調査を通して-,武蔵野大学人間学研究論集,第5号,13-26,2015.
(単著) 「医療的ケア」教育(喀痰吸引)における吸引以外の排痰ケアの有効性について-排痰ケア「体位ドレナージ」の演習を通して-,静岡福祉大学紀要,77-82,2017.

ページの先頭へ