大学紹介

教員情報詳細

氏名 渡辺 央 Chika Watanabe
性別
最終学歴 2010年3月
日本女子大学大学院人間社会研究科
博士課程前期修了
2015年3月
国際医療福祉大学大学院
博士課程保健医療学専攻満了
学位 社会福祉学修士(日本女子大学)
主な職歴
1998年3月
東京都、神奈川県の急性期病院(2011年3月まで)
2010年4月
東京福祉専門学校(2011年3月まで)
2011年4月
東京成徳大学(2014年3月まで)
2014年4月
静岡福祉大学社会福祉学部医療福祉学科 講師(現在に至る)
専門分野 社会福祉学
現在の研究テーマ 高齢者の生活の場と医療ニーズとの関連 
現在の所属学会

日本社会福祉学会、日本地域福祉学会、日本介護福祉学会、日本自立支援介護学会、国際医療福祉大学学会

現在の主な社会活動

焼津市福祉有償運送運営協議会委員

授業担当科目

医療福祉論、保健医療サービス、相談援助演習、相談援助実習指導、相談援助実習、病院実習指導、病院実習、卒業研究

研究業績
(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 「社会福祉士相談援助演習 事例集」,学文社,116-121,168,2015.

(学術論文)

(単著) 「療養病床再編」と「医療区分1」患者の退院先選択についての一考察-東京都A区B急性期病院の退院事例を通して-,社会福祉,50号,日本女子大学社会福祉学科・社会福祉学会,2010.

(その他)

(単著) 相談援助実習の実習前評価についての実態,東京成徳大学研究紀要,第20号,2013.
(単著) 単身低所得高齢者の支援のあり方に関する一考察,東京成徳大学研究紀要,第21号,2014.
(単著) 単身低所得高齢者への家族的支援の影響,静岡福祉大学紀要,第11号,2015.
(単独) 介護老人福祉施設における医療的ケアの現状,国際医療福祉大学学会学術大会発表,第5回,2015.
(単著) 退院後の受け皿としての介護老人福祉施設の可能性,静岡福祉大学紀要,第12号,2016.
                               他

 

ページの先頭へ