大学紹介

教員情報詳細

氏名 田﨑 裕美 Hiromi Tazaki
性別
最終学歴 1995年 3月
静岡大学大学院修士課程修了
学位 教育学修士
(静岡大学大学院教育学研究科)
主な職歴
1981年4月
神奈川県鎌倉市立山﨑小学校 教諭(1984年3月まで)
1985年4月
神奈川県湯河原町立湯河原小学校 教諭(1986年8月まで)
1986年9月
静岡星美学園高等学校・中学校 家庭科教諭(1992年3月まで)
1996年4月
日本大学短期大学部生活文化学科 非常勤講師(2000年3月まで)
1999年4月
静岡英和学院短期大学食物栄養学科 非常勤講師(2002年3月まで)
2000年4月
愛知大学短期大学部ウェルネス学科 非常勤講師(2002年3月まで)
2002年4月
静岡精華短期大学介護福祉学科 講師(2004年3月まで)
2004年4月
静岡福祉情報短期大学介護福祉学科 講師(2006年3月まで)
2006年4月
静岡福祉大学短期大学部介護福祉学科 助教授(2008年3月まで)
2008年4月
静岡福祉大学短期大学部介護福祉学科 教授(2009年3月まで)
2009年4月
静岡福祉大学社会福祉学部健康福祉学科 教授(現在に至る)
専門分野 介護福祉のための家政学、高齢者・障害者の食育、子どもの食育
現在の研究テーマ 生活支援技術と家政学 ~在宅介護を中心とする地域ケアシステムからみた考察~、保育士の専門性向上を目指した食育研修
現在の所属学会

日本家政学会、日本介護福祉学会、日本介護福祉教育学会、日本保育学会、日本認知症ケア学会、日本食生活学会

現在の主な社会活動

静岡福祉大学産官学連携推進センター長、静岡県工業技術研究所研究倫理審査員、社会福祉法人まごころ理事、静岡県総合教育センター産業教育専門研修講師

授業担当科目

生活支援技術、家政学、健康福祉総合演習、健康と生活実習、健康と生活環境、健康と食生活、健康と食生活演習、子どもの食と栄養

研究業績
(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 「20世紀のアメリカ家政学研究」,家政教育社,68-78,129-142,2006.
(共著) 「生活の経営と経済」,家政教育社,104-120,131-140,171-184,2007.
(共著) 「生活支援技術Ⅳ」,建帛社,48-51,69-76,2009.
(共著) 「福祉のための家政学」,建帛社,72-91,96-104,111-124,2010.
(単著) 「新介護福祉用語辞典」(家政学食生活関係用語150語),中央法規出版,2012.
(共著) 「介護福祉用語辞典」,ミネルヴァ書房,580-595,2014.
(共著) 「生活支援のための調理実習(第2版)」,建帛社,22-24,45-53,78-85,106-128,2014.

(学術論文)

(共著) 介護福祉士養成における生活支援のための家政学-被服領域に関する提言-,介護福祉学,Vol.14-2,日本介護福祉学会,181-189,2007.
(共著) 生活支援と家政学 -新カリキュラムにおける家政学教育の課題,介護福祉学,Vol.16-2,日本介護福祉学会,189-208,2009.
(共著) Cooking Activities for Universal Design-Support for Cooking Activities for the Elderly and People with Disabilities-,The 3rd International conference of Universal Design,P-016,1-10,2010.

(その他)

○紀要
(共著) 介護福祉のための家政学実習,静岡福祉大学紀要,第3号,73-80,2007.
(共著) 食育推進のため幼稚園教諭養成課程に求められるもの,富士常葉大学紀要,第7号,185-193,2007.
(単著) 介護福祉士養成教育の新カリキュラムにおける食生活援助と家政学,静岡福祉大学紀要,第4号,65-70,2008.
(共著) 福祉と家政学-アメリカ家政学会誌掲載論文にみる食物学研究の動向-,静岡福祉大学紀要,第4号,53-58,2008.
(共著) 静岡県における保育現場の食育の現状,富士常葉大学紀要,第10号,181-194,2010.
(共著) 保育士・幼稚園教諭養成課程における食育の実態と課題 -子育て支援の視点から-,静岡福祉大学紀要第9号,53-60,2013.
(共著) 保育者の専門性向上を目指す食育研修モデルの検討 -焼津市保育園協会との連携研究を基に-,静岡福祉大学紀要第12号,41-49,2015.
○報告書
(共著) 生活経済からみた少子高齢社会の諸課題の研究,平成15年度~平成16年度科学研究費補助金 基盤研究C1 研究成果報告書,4-19,2005.
(共著) アメリカ家族・消費者学会100周年記念大会報告 家政教育に関する日米比較研究-高等・中等教育機関における実態調査-,平成19年~21年度科学研究費補助金研究 基盤研究C 成果報告書,2011.
(共著) 生活援助と家政学-2009年度からの新カリキュラムにおける家政学の位置づけ,日本介護福祉学会研究助成報告書,2009.

ページの先頭へ