大学紹介

教員情報詳細

氏名 相原 眞人 Masato Aihara
性別
最終学歴 2006年 3月
大正大学大学院人間学研究科
社会福祉学専攻博士前期課程修了
学位 社会福祉学修士(大正大学大学院)
主な職歴
1983年4月
埼玉県庁入職(上級福祉職)
その後、児童相談所、リハビリテーションセンター、
県立病院等に勤務
2001年4月
東京国際福祉専門学校ソーシャルワーク総合科専任講師
2008年4月
静岡福祉大学社会福祉学部准教授
2011年4月
静岡福祉大学社会福祉学部教授(現在に至る)
専門分野 児童家庭福祉(子育て支援、社会的養護の予防、児童家庭福祉ソーシャルワーク)
現在の研究テーマ 里親支援機関における里親支援のあり方に関する研究
現在の所属学会

大正大学社会福祉学会、日本社会福祉学会、日本子ども家庭福祉学会、日本子ども虐待防止学会

現在の主な社会活動

静岡市健康福祉審議会委員、同審議会児童処遇審査部会長、焼津市要保護児童対策地域協議会代表者会議委員

授業担当科目

児童・家庭福祉サービス、相談援助演習、相談援助実習指導、相談援助実習、卒業研究

研究業績
(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 「家族援助の基礎と実際」, 文化書房博文社, 169-175, 2007.
(共著) 「社会福祉援助技術の基礎と実際」, 文化書房博文社, 183-201, 2008.
(共著) 「輝く子どもたち-児童福祉新論」, 八千代出版, 47-59, 60-69, 2008.
(共著) 「ソーシャルワーカーの社会福祉原論Ⅱ-現代社会と福祉-」, 大正大学出版会, 154-155, 157-163, 2009.
(共著) 「保育士のための養護原理-児童福祉施設の支援-」, 大学図書出版, 113-122, 2010.
(共著) 「保育士のための養護内容-児童福祉施設の支援-」, 大学図書出版, 108-117, 2010.
(共著) 「保育における相談援助・相談支援」, 晃洋書房, 147-155, 2011.
(共著) 「家庭訪問型子育て支援「ホームスタート」実践ガイド」, 明石書店, 159-166, 2011.
(共著) 「子ども家庭福祉-子どもたちの求めと社会の役割」, みらい, 131-139, 2012.
(共著) 「家庭訪問型子育て支援ホームスタート活動マニュアル第2版」, 特定非営利活動法人ホームスタート・ジャパン, C1-C49, 2015.

(学術論文)

(共著) 地域における児童家庭支援センター独自の機能特性と行政との役割分担のあり方に関する研究, 社会福祉学(日本社会福祉学会), 第48巻1号, 30-41, 2007.
(単著) ホームスタートにおけるオーガナイザーの支援体制に関する調査研究, 平成23年度こども未来財団児童関連サービス調査研究事業「訪問型子育て支援の効果と支援システムに関する調査研究」報告書, 5-76, 2012.
(単著) ホームスタートのケースマネジメント技法・システムの開発に関する研究, 平成24年度~平成26年度科学研究費助成事業(基盤研究B、課題番号24330174)「家庭訪問による子育て支援のニーズ適合性とそのマネジメントシステムに関する研究」研究成果報告書, 7-60, 2015.

(その他)

(共著) 先行53自治体次世代育成支援地域行動計画調査報告書, 地域行動計画研究会(大正大学大学院西郷研究室), 11-16, 2005.
(単独) 地域における児童家庭支援センター独自の機能特性と行政との役割分担のあり方について, 第7回日本子ども家庭福祉学会全国大会, 東京都, 2006.
(共著) 社会福祉実践における対人援助と仏教思想の共通性-仏教社会福祉実践者に対する聞き取り調査より-, 医療看護研究(順天堂大学医療看護学部), 第2巻1号, 25-26, 27, 2006.
(単著) 地域における児童家庭福祉に関する相談支援のあり方についての考察-児童家庭支援センターの機能を中心に-, 大正大学大学院研究論集, 第31号, 351-364, 2007.
(共著) 調査結果から見る児童家庭支援センターの現在(いま), 平成19年度社会福祉事業研究開発基金助成事業「全国の児童家庭支援センターの活動実態調査報告書」, 33-34, 2008.
(共著) 調査研究の目的、調査の対象と方法および回収状況、調査結果のまとめ, 平成19年度独立行政法人福祉医療機構長寿・子育て・障害者基金助成「児童家庭支援センターのあり方に関する研究事業」報告書, 9, 35-37, 2008.
(共同) 子どもの活き活きを実現する里親養育の活性化とそのための里親支援ソーシャルワークの確立を目指す, 第15回日本子ども虐待防止学会学術集会, さいたま市, 2009.
(単著) アメリカおよびイギリスとの比較に見るわが国児童虐待対応システムの課題, 静岡福祉大学紀要,第5号, 77-89, 2009.
(共著) 里親支援機関設立学習会里親支援ソーシャルワーク実践セミナー報告書, 朝日新聞厚生文化事業団子どもの暴力防止助成事業「子ども活き活き里親活性化プロジェクトあっとほーむ(日本社会事業大学専門職大学院宮島研究室)」, 140-144, 2010.
(共著) ホームスタートの支援体制・内容に関する調査研究, 平成22年度こども未来財団児童関連サービス調査研究等事業報告書「社会的養護の予防を目的とした家庭訪問支援に関する調査研究」, 36-40, 74-114, 159-172, 173-184, 185-192, 2011.
(共同) 訪問型子育て支援ボランティア(ホームスタート)の効果と課題-訪問型子育て支援に関する全国調査を踏まえて-, 第17回日本子ども虐待防止学会学術集会, つくば市, 2011.
(共同) 訪問型子育て支援における有償支援と無償支援の比較検討, 第13回日本子ども家庭福祉学会全国大会, 堺市, 2012.
(共同) ホームスタートによる要支援児童とその家庭等への支援-実態調査から-, 第19回日本子ども虐待防止学会学術集会, 長野県松本市, 2013.

 

ページの先頭へ