大学紹介

教員情報詳細

氏名 谷 功 Isao Tani
性別
最終学歴 2007年3月
日本社会事業大学大学院
社会福祉学研究科博士前期課程修了
学位 社会福祉学修士(日本社会事業大学)
主な職歴
1993年 4月
社会福祉法人愛伸会 志田山ホーム
1994年 4月
社会福祉法人十字の園 伊豆高原十字の園
1996年 5月
社会福祉法人 萩原町社会福祉協議会
2004年 4月
学校法人榎本学園 町田福祉専門学校
2008年 4月
社会福祉法人日本心身障害児協会島田療育センター
2008年 10月
近畿医療福祉大学社会福祉学部生活医療福祉学科
2012年 4月
静岡福祉大学社会福祉学部健康福祉学科(現在に至る)
専門分野 介護労働・介護福祉士教育
現在の研究テーマ 介護福祉士教育の在り方に関する研究
現在の所属学会

日本介護福祉学会、日本介護福祉教育学会、ナイチンゲールKOMIケア学会

現在の主な社会活動

社会福祉法人静岡厚生会 評議員

授業担当科目

人間関係とコミュニケーション、介護過程、介護技術、介護の基本、介護総合演習、介護福祉実習、介護福祉、卒業研究

研究業績
(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 「高齢者福祉の発見-高齢者に対する支援と介護保険制度-」,あいり出版,139-167,2011.
(共著) 「福祉の未来形を求めて-7つの分野のキャリア形成と仕事・資格ガイド-」,言視舎,58-63,2012.
(共著) 「介護福祉士試験これだけおさえる合格テキスト2014版」,高橋書店,8-39,127-158,2013.
(共著) 「介護実習で困らないためのQ&A -実習生としての心得50-」,中央法規,16-19,26-41,89-99,2015.
(共著) 「介護福祉士国家試験過去問解説集2017」,中央法規,52-54,58-59,2016.

(学術論文)

(単著) 就業を間近に控えた介護福祉士養成校在学生の現状について,社会事業研究,第46号,日本社会事業大学社会事業研究所,124-129,2007.
(単著) 介護福祉士養成校卒業者の離職動機に関する研究~介護労働と介護福祉士教育のあり方に対する考察と提言~(学位論文),平成18年度福祉研究論集,日本社会事業大学大学院学位論文要旨集,41-51,2007.
(単著) 養成校卒業生の就業後における介護福祉職に対する意識変化に関する一考察~就業6ヶ月後の追跡調査から~,介護福祉教育,第13巻第2号,日本介護福祉教育学会,69-79,2008.
(共著) 介護福祉士養成教育における聞き取りテストの実施に対する効果評価~施設での申し送り場面を想定して~,目白大学総合科学研究,第5号,113-121,2009.

(その他)

○紀要
(単著) 介護福祉学生の「一般企業・行政職」就職希望者に関する研究-学習過程が意識の変化に与える影響-,近畿医療福祉大学紀要,第11巻第1号,69-77,2010.
(単著) 介護福祉実習場面における実習指導者と介護福祉学生の相互意識に関する一考察―円滑な介護福祉実習教育に対する取り組みへの提言―,静岡福祉大学紀要,第9号,71-76,2013.
(共著) 介護福祉実習における意識の変化から、今後の実習指導の在り方についての一考察―実習指導者・利用者・介護職員の変化-,静岡福祉大学紀要,第10号,109-116,2014.
(共著) 刑務所における就労支援と地域密着に向けた刑務所出所後支援プログラム,静岡福祉大学紀要,第11号,79-86,2015.

ページの先頭へ