大学紹介

教員情報詳細

氏名 長坂 和則 Kazunori Nagasaka
性別
最終学歴 2010年 3月
明星大学大学院人文学研究科
博士後期課程社会学専攻
単位取得満期退学
学位 教育学修士(明星大学大学院人文学研究科(通信制))
主な職歴
1984年4月
医療法人新生会 豊後荘病院(PSW)
1989年4月
医療法人恵仁会 空知病院 医療相談室長(PSW)
1996年7月
医療法人こころの会 タカハシクリニック 相談室長(PSW)
1999年4月
日本福祉教育専門学校 精神保健福祉士養成科 副学科長
2005年4月
健康科学大学 健康科学部 福祉心理学科 専任講師
2007年4月
健康科学大学 健康科学部 福祉心理学科 准教授
2010年4月
静岡福祉大学 社会福祉学部 福祉心理学科 准教授
2013年4月
静岡福祉大学 社会福祉学部 福祉心理学科 教授
2014年4月
静岡福祉大学 社会福祉学部長
2017年4月
静岡福祉大学 社会福祉学部 医療福祉学科 教授(現在に至る)
専門分野 精神保健福祉分野(精神保健福祉援助実習教育・精神保健福祉援助技術)
現在の研究テーマ 精神保健福祉援助実習・依存症/アディクション問題に関するソーシャルワーク
現在の所属学会

社会福祉学会、日本アルコール関連問題学会、日本嗜癖行動学会、日本精神保健福祉士協会

現在の主な社会活動

NPO法人就労継続支援B型事業所「ステップ夢」運営委員

授業担当科目

精神保健の課題と支援、精神保健福祉の理論と相談援助の展開、精神保健福祉援助演習、精神保健福祉援助実習指導、精神保健福祉援助実習、児童思春期精神保健、卒業研究

研究業績
(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 「臨床に必要な医学一般」(第6章 精神保健学), 弘文堂, 141-158, 2008.
(共著) 「人体の構造と機能及び疾病」(第6章 精神保健学), 弘文堂, 161-180, 2008.
(共著) 「新・精神保健福祉士養成講座7 精神保健福祉援助演習」(第4章 事例13 権利擁護), 中央法規, 238-242, 2009.
(共著) 「精神保健福祉相談援助の基盤(専門)」(キーワード集), 弘文堂, 166-196, 2012.
(共著) 「精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)」(キーワード集), 弘文堂, 162-164, 2012.
(共著) 「精神疾患とその治療」(キーワード集), 弘文堂, 213-228, 2012.
(共著) 「精神保健福祉相談援助の基盤(基礎・専門)」(第6章 精神保健福祉分野における相談援助の体系), 中央法規出版, 174-198, 2012.
(共著) 「精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ」(キーワード集), 弘文堂, 190-199, 2012.
(共著) 「精神保健の課題と支援」(アルコール関連問題へのアプローチ), 弘文堂, 159-173, 2012.
(共著) 「精神保健福祉相談援助の基盤(基礎・専門)」(第6章 精神保健福祉分野における相談援助体系改訂), 中央法規, 136-164, 2015.
(共著)

「対人援助職のためのアディクションアプローチ」(第3章 Q&A), 中央法規出版,251-280,310-324, 2015.

(共著) 「精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ」〔第2版〕(キーワード集), 弘文堂, 258-265, 2016.
(共著) 「精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ」〔第2版〕(キーワード集), 弘文堂, 198-208, 2016.
(共著) 「精神保健の課題と支援」〔第2版〕(第10章3-4節, 第10章コラム), 弘文堂, 155-170, 2016.
(共著)

「第16回~18回精神保健福祉士国家試験問題専門科目解答・解説」, へるす出版,75-79,2016.

(共著)

「精神保健福祉相談援助の基盤(専門)」〔第2版〕(キーワード集),弘文堂,172-176,2017.

(共著)

「精神疾患とその治療」〔第2版〕(キーワード集),弘文堂,215-231,2017.

(学術論文)

(単著) アディクション問題の地域ケア, 日本精神保健福祉士協会誌, Vol.42, No.2, 通巻86巻, 90-93, 2011.
(共著) 精神保健福祉援助実習における参加型体験実習の試み, 総合人間科学研究, vol.3, 31-40, 2010.
(単著) 精神保健福祉援助実習における学生のつまずき体験を有効にするものとは, 総合人間科学, 第3号, 87-99, 2015.

(その他)

○研究紀要等
(共著) 精神保健福祉援助実習における教育的効果の一考察(1), 健康科学大学研究紀要, 第2号, 115-126, 2006.
(単著) ソーシャルアクションを考える~はじめの一歩~, 日本アルコール関連問題学会雑誌, 第9巻, 82-84, 2007.
(単著) アディクション家族教室における援助の展開~Y市における実践をふまえて, 日本アルコール関連問題学会, 第10巻, 70-72, 2008.
(共同) 学生アンケートから考える効果的な現場実習のあり方について, 第7回精神保健福祉学会, 第44回日本精神保健福祉士全国大会, 実習からみえてくるもの, 2008.
(単著) 研究ノート「大学生の職業的社会化についての一試論Ⅰ」~主として国家試験に向けての教育方法のあり方~, 明星大学大学院人学研究科年報, vol.6, 85-93, 2008.
(単著) 「大学生の職業的社会化についての一試論Ⅱ」~主として国家試験に向けての教育方法のあり方~, 明星大学大学院人文学研究科年報, vol.7, 31-42, 2009.
(単著) ギャンブル依存症におけるインターベンションの必要性と課題, 明星大学大学院人文学研究科年報, Vol.9, 23-33, 2011.
○資料等
(共著) 「精神保健福祉士国家試験問題・解答・ポイント解説」( 第7・9回精神保健福祉論) 中央法規出版, 60-81.406-427, 2007. 
(共著) ケアマネジメント用語辞典 改訂版, 精神保健並びに精神保健福祉分野, 総24項目担当執筆, ミネルヴァ書房, 2007. 
(共著) 2008年版「過去問からさぐる精神保健福祉士国家試験専門5教科キーワード」編集代表 精神科リハビリテーション, 74-103, その他キーワード・資料, 212-231, へるす出版, 2007.
(共著) 2009年版「過去問からさぐる精神保健福祉士国家試験専門5教科キーワード」編集代表 精神科リハビリテーション, 80-110, その他キーワード・資料, 226-252, へるす出版, 2008.
(共著) 2010年版「過去問からさぐる精神保健福祉士国家試験専門5教科キーワード」編集代表 精神科リハビリテーション他, 78-106.236-245.245-247, へるす出版, 2009.
(共著) 「2010年度版精神保健福祉士国家試験対策用語辞典」精神医学, 精神科リハビリテーション学他, 165-182.195-202.219-231, 弘文堂, 2009. 
(共著) 「2010年版精神保健福祉士国家試験対策選択肢別問題集」精神医学, 134-151, 精神保健学, 152-169, 精神保健福祉援助技術, 214-239, 弘文堂, 2009. 
(共著) 「2011年版精神保健福祉士国家試験対策用語辞典」精神医学, 173-190, 精神科リハビリテーション学, 204-211, 精神保健福祉援助技術, 204-211, 弘文堂, 2010.
(共著) 「精神保健福祉士国家試験専門5教科キーワード」編集代表 精神科リハビリテーション学, 60-79, へるす出版, 2010.
(共著) 「2011年版精神保健福祉士国家試験対策選択肢別問題集」精神医学, 170-187, 精神保健学, 188-209, 精神保健福祉援助技術, 262-297, 弘文堂, 2010.
(共著) 「2012年版精神保健福祉士国家試験対策用語辞典」精神医学, 172-189, 精神科リハビリテーション学, 203-210, 精神保健福祉援助技術, 228-240, 弘文堂, 2011.
(共著) 「2013年版精神保健福祉士国家試験対策用語辞典」精神疾患とその治療, 194-210, 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)(専門), 224-228, 精神保健福祉の理論と相談援助の展開, 229-247, 弘文堂, 2012.
(共著) 精神保健福祉士国家試験対策<専門科目> 最終チェック各科目特徴・ポイント等, 2-4.36-38, 中央法規出版, 2012.

ページの先頭へ