大学紹介

教員情報詳細

氏名 飛田 義幸 Yoshiyuki Tobita
性別
最終学歴 2011年 3月
筑波大学大学院人間総合科学研究科
博士前期課程修了
学位 リハビリテーション修士(筑波大学)
主な職歴
1990年4月
東京都教育庁 東京芸術劇場
1997年4月
茨城県教育庁 水戸生涯学習センター
2000年4月
茨城県教育庁 取手松陽高等学校
2002年4月
社会福祉法人アムネかつしか あすなろの家
2005年4月
社会福祉法人アムネかつしか あすなろの家 施設長
2007年8月
健康科学大学福祉心理学科 非常勤講師
(精神保健福祉論・援助技術総論)
2013年4月
社会福祉法人アムネかつしか 地域活動支援センターもっく 施設長
2014年4月
静岡福祉大学社会福祉学部福祉心理学科 特任講師
2015年4月
静岡福祉大学社会福祉学部福祉心理学科 専任講師(現在に至る)
専門分野 精神障害リハビリテーション(主にSSTを用いて)
現在の研究テーマ 精神保健福祉士を目指す学生に求められるコンペテンシー
現在の所属学会

日本精神保健福祉士協会、SST普及協会、日本臨床発達心理士会

現在の主な社会活動

保健センター、地域活動支援センター、更生保護協会等でのSST講座

授業担当科目

精神保健福祉の理論と相談援助の展開、精神保健に関する制度とサービス、精神保健福祉援助演習、精神保健福祉援助実習指導、精神保健福祉援助実習、卒業研究

研究業績
(過去10年のもの)

(学術論文)

(共著) 当事者が望む精神保健福祉士のかかわりに関する参加型アクションリサーチ, 精神保健福祉, 43(4):307-313, 2012.

(その他)

○紀要
(単著) 我が国における参加型アクションリサーチ実践に関する文献的検討, 静岡福祉大学紀要, 11:29-36, 2015.
(単著) 地域活動支援センターにおけるSST導入について, 静岡福祉大学紀要, 12:19-26, 2016.
(単著) 精神障害者地域移行支援の現状と課題, 静岡福祉大学紀要, 13:35-42, 2017.
○学会発表
(共著) 学生アンケートから考える効果的な現場実習のあり方について, 第7回日本精神保健福祉学会, 2008.
(共著) 当事者が精神保健福祉士に望むかかわりを探る参加型アクションリサーチへの予備研究, 第10回日本精神保健福祉士学会, 2011.

ページの先頭へ