大学紹介

教員情報詳細

氏名 齋藤 剛 Tsuyoshi Saito
性別
最終学歴 2005年 3月
筑波大学大学院博士課程体育科学研究科
体育科学専攻 修了
学位 博士(体育科学)
主な職歴
1996年4月
三重大学大学院教育学研究科研究生(1997年3月まで)
1999年4月
工業技術院生命工学工業技術研究所生体情報部
流動研究員(2000年3月まで)
2004年4月
筑波大学人間総合科学研究科
COEプロジェクトリサーチアシスタント(2005年3月まで)
2005年4月
静岡福祉大学短期大学部介護福祉学科 専任講師(2006年3月まで)
2006年4月
静岡福祉大学社会福祉学部福祉心理学科
専任講師(2009年3月まで)
2009年4月
静岡福祉大学社会福祉学部健康福祉学科 准教授(2014年3月まで)
2014年4月
静岡福祉大学社会福祉学部健康福祉学科 教授(2015年3月まで)
2015年4月
静岡福祉大学子ども学部子ども学科 教授(現在に至る)
専門分野 運動生理学、運動生化学、発達障がい児支援
現在の研究テーマ 発達障がい児・者とストレス、発達障害者の就労支援
現在の所属学会

日本体力医学会、日本体育学会、日本発育発達学会、日本発達障害学会、東海学校保健学会

現在の主な社会活動
授業担当科目

生活と健康、キャリア支援、スポーツ実習、生涯スポーツ、レクリエーション実習、健康生理学、健康スポーツ実習、健康福祉総合演習、健康運動総合実習、子どもと運動、卒業研究

研究業績
(過去10年のもの)

(学術論文)

(共著) Possible inhibitory role of prolactin-releasing peptide for ACTH release associated with running stress, Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol,292,2007.
(共著) Inhibitory effects of an orexin-2 receptor antagonist on orexin A- and stress-induced ACTH responses in conscious rats, Neurosci Res, 57,2007.
(共著) Threshold-like pattern of neuronal activation in the hypothalamus during treadmill running : Establishment of a minimum running stress (MRS) rat model, Neurosci Res, 58, 341-348, 2007.
(共著) 健常中高齢者のKohs立方体組み合わせテスト:ストレスレベルと身体活動量の関与, 老年精神医学雑誌, 18,2007.
(共著) Alleviation of Exercise-induced Dehydration under Hot Conditions by Glycerol Hyperhydration, International Journal of Sport and Health Science, 5,2007.
(共著) Extract from Acanthopanax senticosus harms(Siberrian ginseng) activates NTS and SON/PVN in the rat brain, Biosci Biotechnol Biochem, 72(9),2008.
(共著) 幼児の握力、立ち幅跳びの測定値と、上肢および下肢の推定筋量の関係について, 総合人間科学研究, 5, 11-15, 2012.
(共著) Long-term mild exercise training enhances hippocampus-dependent memory in rats,Int J Sports Med,36(4),2015.

(その他)

○紀要等
(共著) 運動に対する下垂体の適応, 体育の科学, 第58巻, 第10号,2008.
(単著) 自閉症スペクトラム障害児における外向性とWISC-Ⅲ知能検査との関係, 静岡福祉大学紀要, 第10号, 105-107, 2014.
(単著) 自閉症スペクトラム障害児における体力特性とストレスとの関係, 静岡福祉大学紀要, 第11号, 87-90, 2015.
(共著) 発達障害者の就労支援定着と首尾一貫感覚
(Sence of Coherence:SOC), 静岡福祉大学紀要, 第13号,67-70,2017.
○学会発表等
(共著) 幼児の筋力調査,第53回東海学校保健学会総会,2010.
(共著) 発達障害児の生理的ストレス状態について,第66回日本体力医学会,2011.
(共著) 発達障害児の尿中ストレス指標と睡眠習慣の関係,第67回日本体力医学会,2012.
(単著) 発達障害の子どもの運動能力特性とストレス状態,第7回 脳・神経・内分泌から運動の意義を考える会,2014.
(共著) 就労に定着してる発達障害者の首尾一貫感覚,日本発達障害学会 第51回研究大会,2016.
(共著) 幼児の能力発達と運動発達の様相ー握力と〝首すわり″から〝歩行”までー,第59回東海学校保健学会,2016.

ページの先頭へ