教員ブログ

Pepperくんとイザベル

  • 医療福祉学科
  • 2017年7月19日

卒業研究恒例の「盲導犬の里 富士ハーネス」に行くと今年はPepperくんが職員として働いていました。

写真1 (1)

施設見学よりPepperくんと話している時間のほうが長くなってしまいそうですが、今年の学生は盲導犬デモンストレーションで話していた内容が印象的だったようです。
街で盲導犬を見かけたときは、「声をかけたり、触ったりしないでください」ということはよく耳にしますが、「目を合わせない」ということも大切です。外でハーネス(https://www.moudouken.net/knowledge/)をつけているとき、盲導犬は仕事中ですが、見つめられると人が大好きな盲導犬は意識が人のほうに向いてしまうそうです。

写真2 (1)
PR犬「イザベル」

今年は8月27日(日)のオープンキャンパス(http://www.suw.ac.jp/examination/opencampus.html)にも盲導犬が来ます。ぜひお越しください。

日本盲導犬総合センター「盲導犬の里 富士ハーネス」
http://www.fuji-harness.net/
富士ハーネスは日本で唯一の常時見学可能な盲導犬訓練施設です。皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょう。イベントボランティアや飼育ボランティア(http://www.fuji-harness.net/volunteer/)などを募集しています!将来はパピーウォーカーをしたいですね。

(医療福祉学科 鈴木政史)

ページの先頭へ