教員紹介

子ども学科(講師)

後藤 雅彦Masahiko Goto

専門分野
社会科教育、教師教育
研究テーマ
社会科の授業づくり、教師の現場力
所属学会
日本公民教育学会、中等社会科教育学会、日本社会科教育学会、日本教師学学会

授業担当科目
社会、社会科指導法、教職論、基礎セミナーⅠ・Ⅱ、卒業研究
最終学歴
2011年3月 新潟大学大学院 現代社会文化研究科博士後期課程
人間形成文化論専攻修了
学位
博士(教育学)
主な職歴
1980年4月
東京都渋谷区役所 主事(1991年3月まで)
1991年4月
新潟県公立中学校 教諭(2019年3月まで)
2015年12月
長岡こども・医療・介護専門学校 小学校教職課程 非常勤講師(2016年2月まで)
2017年5月
長岡こども・医療・介護専門学校 小学校教職課程 非常勤講師(2017年10月まで)
2019年4月
静岡福祉大学子ども学部子ども学科 講師(現在に至る)

研究業績(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(単著) 「学校現場にいたから書けた教師論 教師の一日・一年・授業・教育実習―現場のどこを見るか、どう動くか、教師として何をめざすか―」, 銀河書籍, 2020.
(単著) 「学校現場にいたから書けた教職論 教職を選ぶ、教職を歩むということ―「ブラック」で見失わない、教職という名の人生案内⁻」, 銀河書籍, 2021.

(学術論文)

(単著) 「戦後学校教育における政治教育の史的展開」, 学位論文(博士)新潟大学, 2011.
(単著) 「「災後社会」の見方考え方をはぐぐむ社会科公民の実践研究―東日本大震災の被災地における防潮堤建設を「効率」と「公正」から問い直す―」(査読有), 公民教育研究, 第24号, 47-58, 2017.

(その他)

○学会発表等
(単独) 「効率と公正から見た復興支援―防潮堤問題を考える―」, 日本公民教育学会第26回全国研究大会(東京大会)課題別ラウンドテーブル3 東日本大震災からの復興支援, 2015.
(単独) 「防災教育を「日常から」担う社会科の実践研究―東日本大震災の被災地復興を「防潮堤」建設から考える―」, 公益社団法人土木学会 第7回土木と学校教育フォーラム, 2015.
(単独) 「災後社会の見方考え方をはぐくむ社会科公民の実践研究―東日本大震災の被災地における防潮堤建設を「効率」と「公正」から問い直す―」, 日本公民教育学会第27回全国研究大会(鳴門大会), 2016.
(単独) 「学校現場から問い直す教師像」, 日本教師学学会第22回大会, 2021.
○雑誌等
(単著) 「模擬投票の実践」, Voters, No23, 17, 2015.
○紀要
(単著) 「新たな「見方・考え方」を探す政治学習―「対立と合意」「効率と公正」から「多数決と少数意見」「話し合いと決定」へ―」,静岡福祉大学紀要,第16号,7-13,2020.
(単著) 「学校現場から問い直す教師像―教師の資質能力の再考と教員養成の行方―」,静岡福祉大学紀要,第17号,51-60,2021.