教員紹介

福祉心理学科(講師)

芳賀 道匡Michimasa Haga

専門分野
臨床社会心理学、教育心理学
研究テーマ
コミュニティにおける信頼関係(ソーシャル・キャピタル)の研究
所属学会
日本認知・行動療法学会、日本心理学会、日本教育心理学会、日本社会心理学会、日本臨床心理士会、日本ストレス学会、Society of Personality and Social Psychology、日本環境心理学会、日本社会関係学会
授業担当科目
臨床心理学概論、心理学的支援法、カウンセリング演習A・B、関係行政論、基礎セミナー1・2、産業・組織心理学、感情・人格心理学、心理実習A・B、社会・集団・家族心理学
最終学歴
日本大学大学院文学研究科 心理学専攻博士後期課程
学位
博士(心理学)
主な職歴
2016年4月
日本大学文理学部人文科学研究所研究員(2017年3月まで)
2016年4月
東京都杉並区立済美教育センター管理係(ネット相談)(2017年3月まで)
2017年4月
東京都渋谷区教育センター教育相談係(2018年3月まで)
2017年4月
日本大学文理学部非常勤講師(「心理学1」「心理学2」「教育相談」)(2021年3月まで)
2017年9月
法政大学文学部非常勤講師(「心理学測定法2」)(2018年3月まで)
2017年9月
日本大学商学部非常勤講師(「心理学1」「心理学2」)(2020年8月まで)
2018年4月
大田区公立学校スクールカウンセラー(2019年3月まで)
2018年4月
日本大学文理学部若手特別研究員(2020年3月まで)
2018年9月
専修大学人間科学部非常勤講師(「教育・学校心理学」担当、現在に至る)
2019年4月
東京都公立学校 スクールカウンセラー(2021年3月まで)
2019年4月
日本大学通信教育部非常勤講師(「心理学1」「心理学2」担当、現在に至る)
2020年4月
日本大学文理学部非常勤講師(「臨床社会心理学特講」「社会・集団・家族心理学」「心理情報処理実習1」「心理情報処理実習2」「心理学ゼミ」)(2021年3月まで)
2020年9月
法政大学文学部非常勤講師(「心理学測定法2」)(2021年3月まで)
2021年4月
静岡福祉大学社会福祉学部福祉心理学科講師(現在に至る)

研究業績(過去10年のもの)

(学術論文)

(共著)大学生の認知的ソーシャル・キャピタルに関する質的研究, 日本大学心理学研究, 第34巻, pp.43-50, 2013.
(共著)学生のソーシャル・キャピタルを高めるための大学の取り組み:大学教員への質問紙調査, 日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要, 第86巻, pp.151-171. 2013
(共著)大学生活における主観的ソーシャル・キャピタルが,抑うつや主観的ウェルビーイングに与える影響:ネットワーク・サイズとの比較から, ストレス科学研究, 第30巻, pp.102-110., 2015.
(共著)大学生活における主観的ソーシャル・キャピタルと主観的幸福感を媒介するソシオメーターの役割, 日本大学心理学研究, 第36巻, pp.16-25, 2015.
(単著)大学におけるソーシャル・キャピタルと主観的ウェルビーイング,適応の心理学的研究. 27年度日本大学大学院文学研究科心理学専攻博士学位論文,2016.
(共著)大学生活におけるソーシャル・キャピタルと主観的ウェルビーイングの関連, 心理学研究, 第87巻第3号, pp.273-283, 2016.
(共著)大学生活における主観的ソーシャル・キャピタル尺度の開発, 教育心理学研究, 第65巻第1号, pp.77-90., 2017.
(共著)大学のソーシャル・キャピタルが制度的ネットワークから受ける影響:23大学への調査から, 日本大学心理学研究, 第41巻, pp.1-13, 2020.
(共著)大学のソーシャル・キャピタルと卒業,大学満足感の関連, 日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要, 第101巻, pp.127-144, 2021.

(学会発表・口頭)

(共同)高校生の抑うつと抑うつリスク,認知的ソーシャル・キャピタルの関連のML-SEMによる検討, 第27回日本ストレス学会学術総会(東京), 2012.
(共同)大学生用認知的ソーシャル・キャピタル尺度の作成(3), 日本ストレス学会第28回大会(札幌), 2013.
(共同)大学における学生のソーシャル・キャピタルがソシオメーターへ及ぼす影響の検討―大学における他者とのつながりの認知と構造は,社会的絆を生み出すか―, 日本社会心理学会第55回大会(札幌), 2014.
(共同)大学生活における認知的ソーシャル・キャピタルが抑うつ,主観的幸福度,大学満足度へおよぼす影響, 日本ストレス学会学術総会第30回大会(徳島), 2014.
(共同)How does Institution Affect Students: Institution, Social Capital, and Collective Behavior in University Life, 31th International Congress of Psychology(Yokohama, Japan), 2016.
(共同)子どもとの縁は,大人の自由選択の感覚,幸福や健康にどのように関わるのか:血縁と非血縁,養護性に着目して, 日本環境心理学会第12回大会(栃木), 2019.
(共同)学生の主観的ソーシャル・キャピタルの効用と源泉の研究 ―新1年時から新4年時までの縦断調査から―, 日本環境心理学会第13回大会(札幌), 2020.
(共同)大学生の主観的ソーシャル・キャピタルがストレス対処力に与える影響:4年間の縦断調査による検討, 日本ストレス学会第36回学術大会(オンライン), 2020.
(共同)学生の三密回避規範と主観的ソーシャル・キャピタル,ネットワーキングおよび孤独感の関連, 日本ストレス学会第36回学術大会(オンライン), 2020.
(共同)子どもと保護者のメンタルヘルスとサードプレイス,文化的生活度,主観的経済状況の関連, 日本環境心理学会第14回大会(オンライン), 2021.
(単独)大学生がもつソーシャル・キャピタルは三密回避規範の認知に影響するか?, 日本社会関係学会第1回大会(オンライン), 2021.

(シンポジウム)

(共同)キャンパスにおけるつながりで不適応を防ぐー研究と実践ー, 日本心理学会第78回大会自主企画シンポジウム (京都), 2014.
(共同)ソーシャル・キャピタルと健康, 幸福感に関する研究の新展開:心理学と社会疫学から (企画および話題提供), 日本心理学会第81回大会シンポジウム (久留米), 2017.
(共同)ソーシャル・キャピタルと健康, 幸福感に関する研究の新展開:心理学と社会疫学,政治学から (企画および話題提供), 日本心理学会第82回大会シンポジウム (仙台), 2018.
(共同)現代社会におけるソーシャル・サポート研究の現状と課題, 日本心理学会第84回大会シンポジウム(オンライン), 2020.

(講演)

(単独)大学におけるソーシャル・キャピタルとウェルビーイングに関する研究、日本心理学会第81回大会小講演(久留米), 2017.

(社会活動)

第12回臨床疫学研究における報告の質向上のための統計学の研究会における講演, 2013.
JAGES(日本老年学的評価研究機構)研究会における発表, 2016.
第一回ポジティブ心理学研究会における講演, 2017.
日本大学大学院法学研究科大学院特別講義における講演, 2018.
東京学芸大学こども未来研究所 WEBマガジン”CREDUON”における連載, 2020.