子ども未来ラボ

しずふく子ども未来ラボ

しずふく子ども未来ラボ

自閉症体験 発達障がいについて
一緒に考えよう!

保育・幼児教育について未来志向で考える企画「しずふく子ども未来ラボ」は今回で5回目となります。

テーマは、「自閉症体験 ―発達障がいについて一緒に考えようー」です。
近年、認知される発達障がいの子どもたちが増えているといわれています。保育・幼児教育の現場でも発達障がい児の対応について深い理解が求められる時代になってます。

この企画では、自閉症スペクトラムの人たちの視覚・聴覚・触覚の困り感を実際に体験してもらうことで理解を深めるとともに、その支援の在り方について考えていきます。
実際に体験するからこその「気づき」が得られる貴重な機会です。これから保育幼児教育に関わっていきたいと考えている方、既に従事されている方、自閉症について理解を深めたい方、ぜひこの機会にご参加ください。。

日程 2018年12月2日(日)13:30~15:30(13:00受付開始)
会場 静岡福祉大学 福祉創造館 1階 学生ホール
参加費用 無料(事前予約制)
対象
  • 保育、幼児教育に興味のある中高生、一般の方
  • 保育、幼児教育に関わっている方
  • 自閉症について理解を深めたい方
講座内容

テーマ「自閉症体験 ―発達障がいについて一緒に考えようー」

  • 13:35~13:55 
    第1部 保育現場の発達障がいの現状について

    静岡福祉大学子ども学部 永田恵実子教授

  • 14:00~15:20 
    第2部 自閉症体験

    静岡福祉大学社会福祉学部 鈴木政史講師

申込方法 ※募集は終了しました