産官学連携推進センター

産官学連携推進センター

1. センター理念

産官学連携推進センター

産官学連携推進センターは、とりわけ地域福祉社会の構築に力点を置き、各産業界、個別企業や施設、病院、地域行政や地域社会など、それらが直面する個別の課題や問題に対し、本センター独自の手法と、案件ごとの実践的な解決法を用いて、問題解決、または事業成立までの支援を展開し、産業界、官界、学界、地域社会等に広く貢献します。

2.使命

本センターは、福祉の視点に立った幅広い研究活動を通じて、現実社会に存在する様々な課題、問題点を発見し、その問題解決に向けた実践的な研究活動を産官学共同で推進することを使命とします。

3.センターで紹介・調整可能な事業内容

教育研修活動 福祉や心理、健康、保育、教育に関する講演や研修
共同研究調査活動 各種テーマに基づいた共同研究調査
地方自治体委託研究 各種研究調査活動、街づくり、地域活性化などの研究事業
委託研究調査活動 各業界団体や企業などで行なう活性化事業、共同化事業、情報化事業などの研究調査の委託事業
コンサルティング 商品開発・事業開発支援など、産官学共同によるプロジェクト組織推進事業

4.事例紹介(平成23年〜)

新商品の開発

  • 「障がい者福祉施設内における障がい児(者)移動システム」
     ㈱トマト、木下 寿恵准教授(静岡市産学連携センター共同研究事業 平成28年度)
     ※障がい児(者)が寝たままの姿勢で、安全に安心して施設内を移動・移乗が行なえる新規移動システム製品を開発しました
  • 「腰の筋電・姿勢計測に基づく介護動作の教育指導支援システムの開発について」
     木下 寿恵准教授、新井 恵子准教授、谷 功准教授(科研費挑戦的萌芽研究 平成29年度)
     ※介護教育現場において、腰痛予防をふまえた介護動作を習得することをサポートする筋電センサー等の研究開発を行いました

講演・研修会等

  • 焼津市保育園協会 研修会(平成26年度・27年度・30年度[年11回、静岡県保育研究大会での発表に向けた教育支援])
  • 静岡市青色申告会 平成30年度総会 講演(平成30年度)
  • 静岡県総合教育センター 県立高等学校家庭科教員のための技術力・指導力向上研修会(平成29年度)
  • 静岡県総合教育センター 高校産業教育中堅者研修会 (平成27・28年度)
  • 静岡県教育委員会 静岡県高等学校福祉教育研究会 夏季研修会(平成27年度)
  • 静岡県ホテル旅館生活衛生組合 静岡県安全・安心な温泉等推進事業 ワーキンググループ座長(平成24年8月~25年3月)
  • 富士山麓医療機器交流会 生活部会研修会(平成24年~28年度)
  • 静岡市産学交流センター主催 産学交流の集い 株式会社新丸正・静岡福祉大学見学会(平成29年度)

5.相談方法

  • 電話、またはメールにてお問い合わせください。
    ご氏名、御社名、業種、ご相談内容、ご連絡先をお伝えください。
    『相談対応連絡表』をメールまたはファックスで送付させていただきます。
  • 『相談対応連絡表』を受理したのち、相談の日程調整を行います。
    1時間ほど、面談による相談を行ないます。相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

お問い合わせ

産官学連携推進相談窓口:木下 寿恵(産官学連携推進センター長)

電話
054-623-7000
E-mail
sankan@suw.ac.jp