福祉心理学科(4年) 久保嶋 奏美さん

実習先
介護施設社会福祉法人 東益津福祉会高麓居宅介護支援事業所
めざす資格
社会福祉士、保育士

心 理

社会福祉学部福祉心理学科(4年)久保嶋 奏美さん

藤枝北高校出身

  • ※福祉心理学科の保育心理コースは2014年度入学者まで
福祉心理学科(4年)久保嶋 奏美さん

障がいを持った方に寄り添える仕事がしたい

3年次に居宅介護支援事業所で実習をさせていただきました。

実習中は、「話をしてよかったな」「楽しかったな」と利用者様に少しでも思ってもらえるよう、特に表情に気をつけて接するよう心がけました。

実習を通して、利用者様の様子や言葉、職員の方々の雰囲気など、教科書には載っていない数多くのことを実感し学ぶことができました。
また、利用者様1人ひとりの状況に合わせたケアをすることの大切さと難しさも感じることができました。

卒業後は、障がいを持った方の心に寄り添い、さまざまな悩みや不安を解消できる社会福祉士や保育士になりたいと思っています。

実習の1日

8:30

ミーティング

9:00

自宅訪問

介護支援専門員(ケアマネジャー)の方と一緒に利用者様の自宅を訪問。サービス内容の確認や要望などを伺います。

12:00

昼食

13:00

自宅訪問

2件目の自宅へ。ケース記録を見ながら、利用者様の最近の様子やサービス内容などを確認します。

15:30

計画書作成

訪問時の利用者様の様子やご要望などに合わせて、居宅介護サービス計画書を作成します。

17:30

実習終了

先生からのメッセージ

実習では、普段の大学の授業では学ぶことができないことを多く体験し、福祉の学びを深めていきます。

児童、高齢者、障がい者など福祉の対象となる人と接することで現実を知り、大学で学ぶ知識と現場での実践を結びつけることによって、より高い技術を身につけることができるようになります。

社会福祉学部 医療福祉学科 小林 哲也先生

社会福祉学部
医療福祉学科
小林 哲也先生