お知らせ

UD(ユニバーサルドライバー)研修についてのお話

お知らせ

私のゼミに高齢者や障害者の移動手段について調べている学生がいる繋がりで、10月17日(月)に静鉄タクシー営業課長淺場様より「ユニバーサルドライバー研修」についてのお話を伺う機会がありました。この研修は、高齢者、障害者、妊婦、その他、移動に困難を抱えている方々への支援として、接客方法や車いすの扱い方などを学ぶというものです。静鉄タクシーでは、3年以内に全ドライバーに受講を義務付けるという方向で事業を展開していくとのことでした。

1

ゼミ生たちは、「高齢者や障害者に対してだけでなく、妊婦さんに対しても支援がなされていることを初めて知った」「移動に困難な方は自分の気付かないところに大勢いることが分かった」などの感想を話し合っていました。
学生たちにとっては社会の現状について知る大変貴重な機会になったと感じました。

(医療福祉学科 渡辺央)