お知らせ

森直之先生が開発したソフトウェアが長野大学で活躍

お知らせ

本学で「障害支援技術論」を教える森直之先生(非常勤)が開発に携わったノートテイク用アプリケーションソフト「まあちゃん」が長野大学の卒業証書・学位記授与式で活躍しました。このソフトは、発言者の声をコンピュータが認識すると同時に、間違いを素早く修正する仕組みによって、スクリーンに字幕として表示するものです。従来、人がキーボード上で入力する方法と比較し、表示速度の点で格段の進歩を遂げました。今後、式典はもちろん、講演会や集会などに参加する聴覚に障害のある人々への支援サービスとして、活躍が期待できます。

teacher-morita
nagano2