ニュース

静岡福祉大学賞 NPO法人パシフィック・ドルフィンと卒業生伊藤沙也加さんの活躍

お知らせ

静岡福祉大学賞は、平成26年に創設し、焼津市内において過去3年以上にわたり、福祉の視点でまちづくりや地域おこしなどへの地域貢献分野で積極的に活動されている団体等を表彰するものです。 今年度の静岡福祉大学賞は鈴木しのぶ氏を理事長とするNPO法人パシフィック・ドルフィンが受賞しました。1月22日(火)焼津市社会福祉大会において、太田学長より、団体を代表して、卒業生の伊藤さんに表彰状と記念品が渡されました。

0205 田﨑①
焼津市社会福祉大会会場で学長・副学長と伊藤さん
0205 田﨑②
同大会で静岡福祉大学賞を受賞

同団体は、障がいのある人もない人も交流しながらプール活動を楽しんでいただく事を目的に、法人格を取得後、17年間継続してプール活動や交流事業、研修会・講習会などの活動を行い現在、約200名のメンバーと200人のサポーターによって構成されています。団体の願いは,障がいの有無を問わず,プール活動を通して交流し,より豊かな生活・人生を目指すことにあり,そのために,プール活動の場の提供や技能・技術の習得の手助けをしています。このような長年にわたる地域への貢献活動に対して、静岡福祉大学賞が授与されました。

0205 田﨑③
伊藤さんがプール活動で個別指導

なお、同団体の事務局担当は健康福祉学科 卒業生の伊藤沙也加さんです。伊藤さんは中学生の時に、「わかふじスポーツ大会」の水泳競技に出場したのをきっかけに、静岡県の障がい者団体の強化指定選手となりました。その後、全国障害者スポーツ大会等に出場する一方、大学4年生の時に、同団体でコーチのお手伝い及び研修を行い、卒業後に就職されました。現在ではコーチと事務局、選手として活動をされています。選手としては、平成30年に日本パラ水泳選手権大会50m背泳ぎで優勝、ジャパンパラ水泳競技大会では外国招待選手が参加するなかで8位入賞され、素晴らしい成績を残しています。今後も、鈴木理事長のご指導のもとで、同団体の活動を通じて、一人でも多くの方にプールでの活動を好きになっていただけるよう、保護者の方々と共に、活動を盛り上げていきたいと抱負を語ってくださいました。NPO法人パシフィック・ドルフィンならびに伊藤さんの活躍をみなさんと共に、応援させていただけたらと思います。静岡福祉大学賞受賞おめでとうございました。                  

(健康福祉学科 田﨑裕美)