ニュース

3月5日(土)に講演会「思春期・青年期の抑うつとその周辺」を開催します。

お知らせ

 もうすぐ弥生、お雛祭りも近くなりました。白梅も見頃になるなど、春の気配があちらこちらで感じられるようになりましたね。今、大学内では、実習を除く後期授業が終わり、卒業式や新年度の準備に向かっております。
 
 さて、本学には、地域貢献を目的とした心の相談センターという機関があります。ここには主に臨床心理学領域の教員が携わっており、近年は静岡県内の教育現場の方々を対象とした講演会を開いております。
 講演会は、2020年からの新型コロナウイルス感染症の流行に伴って延期状態が続いておりました。しかし、昨年末に開催を決め、ただいま準備を進めているところです。 

 講演会タイトルは「思春期・青年期の抑うつとその周辺」です。参加対象は、静岡県内の中学校・高等学校・特別支援学校の先生方やスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー等の方々です。講師として2名の先生にお願いしています。お一人は、静岡県立こども病院こころの診療科においてご活躍されている大石聡先生です。もうお一人は、望月小児科医院や静岡大学教育学部附属中学校でご活躍されている水越三佳先生です。

それぞれの専門性やお立場からのお話は、参加者の皆様にとって子どもの心の理解を深める良い機会になるのではないでしょうか。企画した心の相談センター委員一同も先生方のお話を伺うのを楽しみにしています。
 参加対象に該当する方で、まだ参加申込をなさっていない方は3月2日までにお申し込み下さいよう、お願いいたします(開催形式は、「オンラインのみ」に変更になっています)。

 

福祉心理学科 檮木てる子