ニュース

新聞の面白さ発見!2022年最後の新聞交流会を開催(地域連携推進センター)

お知らせ

2022年最後の新聞交流会は、地域の皆さまと本学学生8名が一緒に参加する2回目となる新聞交流会を開催しました。
当日の静岡新聞朝刊(令和4年12月21日)を読んで、気になった記事をあげ、静岡新聞社読者プロモーション局担当者(3名)、本学非常勤講師の掛井先生から解説もいただきながら、意見交換を行いました。

学生は、紙面の中から「ウクライナ侵攻 バンクシー作品で連帯」(22面)、「藤枝MYFC歌でエール 地元ボーカルグループと共同制作」(19面)、「全日本高校サッカー30日開幕」(13面)、「餃子コロッケ 浜松新名物に」(9面)等、様々な視点からテーマを取り上げていました。

地域の皆さまからは、紙面の中から「美浜原発停止認めず 大阪地裁」(28面)、「出生数 初の80万人割れへ」(1面)、「日銀、金利上昇を容認」(1面)、「論壇 政治とカネの昔と今」(2面)、「県警 詐欺加担防止へ教室 高校生に構造や状況解説」(18面)のテーマが取り上げられました。
地域の皆さまからは、一つの記事に対して読む人によって方向性が変わる面白さがあり、参加して良かったです等の感想を寄せていただきました。
次回は1月18日(水)14時40分~16時、地域連携推進センターで開催予定です。
是非お問合せください。