お知らせ

はじめてのゼミ選び

教員ブログ

 先日、子ども学部では、はじめてのゼミ選びが行われた。
学生さんが自分の興味にあわせて、各教員の研究室を巡り、2年間どのゼミで研究をするのかを決める、というものだ。
   研究分野を重視した学生さんもいるだろうし、教員との相性(?)を一番に考えて選んだ学生さんもいたことだろう。
   いずれにせよ、卒業研究は大学生活の集大成だ。いろいろな資格を取るということも大切なことだが、大学でしか経験することができない卒業研究はみなさんの人生にとって大きな意味をもつものになるはずだ、と、私個人としては思っている。(いいですか、こんな七面倒臭いけど、ワクワクできることって他にはないんですよ。なんといっても、自分で問いを立て(あるいは、課題を設定し)自分で答えを見つける(あるいは、つくりだす)のですから。)

  3月中旬に発表となるようですので、お楽しみに!

(子ども学科 向山守)