教員紹介

✾笑顔の花咲月✾

教員ブログ

これは、給食室のS先生から聞いた話です。
2歳児のSくんが給食室にやってきて、調理をしているM先生に
Sくん「ふるちゃん(もう1人の給食室の先生)おやすみ?」と聞くので
M先生「今日は、お休みなんだ。先生寂しいなー」と応えると
Sくん「さびしくないよ。みんながいるよ」と言われ、励まされたというのです。
宝石のような子どもの輝く言葉は、大人の心を幸せにしてくれます。

2歳児のSくんがこの言葉をつぶやくには、どんな力が育っているのでしょう。
・いっぱい泣いたり,怒ったり、ケンカをしても最後は、楽しく笑う生活や遊びを共有したおども達(みんな)がいること
・Sくんが寂しい時、みんながいて元気になった経験を持っていること です

子どもがつぶやく言葉の裏には、こうした心の育ちがあるのですね。

子どものつぶやきに耳を傾け、たくさん幸せをもらう3月の保育者は「笑顔の花咲月」子どもって!保育って!すごーい!のです。
                    
(子ども学科 岡村由紀子)