教員紹介

子ども学部学生による子育て支援施設へのインタビュー調査

教員ブログ

824日、25日に子ども学部の学生と藤枝市内の3つの子育て支援施設(藤枝おやこ館/れんげじスマイルホール・キッズパーク/葉梨わくわく広場)にてインタビュー調査を実施しました。

藤枝市地域政策研究・創造事業の令和4年度採択事業として、子ども学部の教員である木戸直美・二木秀幸・灰谷和代の各研究室、と学生との協働による藤枝市の多世代間交流・多文化共生に関する調査研究の第1弾です。今後の有効的な『子育て世代を取り巻く多世代間交流の場作り』を目的に、実際に子育て支援を展開している市内の各施設の方々から生の声を伺うことができました。

 

 

 

運営主体が異なる3つの各施設についてホームページ・紙媒体等から得られる情報に限定されない実際の現場の様子を肌で感じることが出来ました。また、各施設では、それぞれの特徴を持ちながらも、手作りやオリジナルの制作物等、スタッフの皆様の温かくきめ細かい支援が計画的になされていることが共通していました。「子育てするならふじえだ!」を学生達と共に十二分に実感しました。

 

本事業の第2弾として、第1弾のインタビュー調査を基に1015()蓮華時池公園スマイル広場で多世代間交流・多文化共生の場として「みんな集まれニコニコフェスタ~もっともっと藤枝~」を開催予定です。本学のサークル「劇団二木!(二木カンパニー)」、藤枝市内の幼稚園等各団体の表現発表、無料制作コーナーなどがあります。是非遊びに来てください。

 

 

子ども学科 木戸直美