ニュース

東京2020オリンピックと令和元年 学生企画「世界五大陸料理を作ろう」

教員ブログ

健康福祉学科の健康運動分野では、食育について学びます。幼児から高齢者までを対象

とした食生活の支援について、理論と実践方法を学んだり、資格も取得できます。

 東京2020オリンピックが、コロナ禍の中、7月22日から開幕しました。待望のオリンピック大会が、開会式をはじめ殆どの試合が無観客となったことは残念ですが、コロナ禍の現状を考えたら、大会を支える方々の尽力、参加される方々の努力、大会を支え・応援する国民の思いなど、・・・・いろいろなサポートあっての開催である事を感じます。

 

 なお、コロナ禍以前の令和元年7月ですが、健康福祉学科3年生が、健康増進・介護予防のサロンとして、地域交流センターの支援を受けて、オリンピック企画を実施しました。コロナ禍の今では考えられない企画ですが、世界平和を願う懐かしい企画として、ご紹介させていただきます。

 一日も早く日常の生活が戻り、すべての国の人々の暮らしに 平穏な日々が訪れることを願って・・・。

令和元年 724日  静福サロン「目指すは世界のシェフ、五大陸料理」

来年は世界のスポーツの祭典、オリンピックが日本で開かれます。そこで、学生の皆さんが、五輪マークの由来から、五大陸の食文化や料理について調べ、主菜、副菜、汁物、主食、デザートの栄養バランスを考えた料理を企画としました。当日は、30名余りの地域の中高年の方々が参加され、和気あいあいと五大陸料理を楽しみました。

アメリカ大陸 ⇒アメリカ伝統料理「ミートローフ」

アジア大陸  ⇒モンゴル餃子料理「バンシタイツァイ」

ユーラシア(ヨーロッパ)大陸 ⇒ フランス料理「ポトフ」

アフリカ大陸  ⇒エジプト料理「コシャリ」

オセアニア大陸(州)⇒ オーストラリア料理「キウイフルーツのゼリー」

 

学生の説明とデモンストレーション   

 

料理指導も学生が行います 

 

美味しい5大陸料理の出来上がり

 

世界各国の国旗に囲まれ、みんな一緒にいただきます

 

                                                           健康福祉学科  田﨑裕美