お知らせ

国際福祉機器展見学

教員ブログ

昨年は、大学からバスツアーを組み、学生と行きましたが、今年は自宅から一人で行ってきました。かれこれ、本学が4大になってから欠かさず見学に行っているので、既に13回目になります。

一昨年より、福祉製品論を担当し、福祉用具や福祉住環境についての授業を行っています。その際に、工学部出身者の視点から見た「物」に対する話をしており、直接福祉とは関係ありませんが、「視点を変えてみる、物の作りを考えてみる」というのは、役に立っているようです。

大学での授業において、なるべく「見て」、「触って」と授業を行っていますが、数に限りがありますので、是非ともこの国際福祉機器展などに行き、実際の物を 触って欲しいと思います。

(医療福祉学科 岩井宏)