ニュース

祝!ノーベル賞

教員ブログ

2015年ノーベル物理学賞に東京大学宇宙線研究所の梶田隆章先生の受賞が決まり、梶田先生に心よりお祝い申し上げますとともに、スーパーカミオカンデ実験の共同研究者として、この受賞をとても嬉しく思っています。

梶田先生をはじめとした実験グループのメンバーの皆さんの集中力を欠かさない小さな努力の積み重ね、数々のアクシデントを乗り越えての受賞に、日常の雑多なことを全て忘れて神岡から離れた静岡で祝杯をあげました。

一つの目標に向けて皆が同じ方向を見て何かを作り上げていくことがいかに大きな力となるのか、一つの結果をもたらすために、いかに様々な観点からものごとを捉え、様々な可能性を丹念に潰していく必要があるのか、また、そうして得られた結果は自然のほんの一端の姿に過ぎないことなど、本当に色んなことを改めて感じました。
ありきたりな言葉ではありますが、本当に貴重な瞬間に立ち会えた幸運に感謝しています。

私の担当科目「自然科学の基礎」の中では、小さな物質(素粒子)と宇宙に関するお話をしています。私が持っている素敵なものを皆さんと共有できたら、と考えて講義を行っていますが、今回の受賞をきっかけに少しでも多くの皆さんが自然の美しさを感じてくれると嬉しいです。
実習や資格取得のための勉強に忙しいなか、私たちは素晴らしく美しい自然の中にあることも意識のどこかに持っていてください。身の回りの自然がもたらしてくれるささやかなプレゼントは時に私たちの大きな力になるものだと思っています。
(医療福祉学科 岡澤裕子)

富士山
大学の教室から見える夕暮れの富士にもニュートリノは降り注ぐ