教員紹介

健康福祉学科<医療福祉学科兼担>(准教授)

渡辺 央Chika Watanabe

専門分野
社会福祉学
研究テーマ
医療福祉、低所得高齢者の生活課題、共生型サービス
所属学会
日本社会福祉学会、日本地域福祉学会、日本介護福祉学会、日本自立支援介護学会、国際医療福祉大学学会、日本社会福祉士会
社会活動
焼津市福祉有償運送運営協議会委員、静岡県行政不服審査会委員、焼津市地域公共交通会議委員、裾野市・長泉町・清水町福祉有償運送運営協議会委員
授業担当科目
医療福祉論、保健医療サービス、相談援助演習、相談援助実習指導、相談援助実習、病院実習指導、病院実習、卒業研究、病院インターンシップ
最終学歴
2010年3月 日本女子大学大学院人間社会研究科
博士課程前期修了
2015年3月 国際医療福祉大学大学院
博士課程保健医療学専攻満了
学位
社会福祉学修士(日本女子大学)
主な職歴
1998年3月
東京都、神奈川県の急性期病院(2011年3月まで)
2010年4月
東京福祉専門学校(2011年3月まで)
2011年4月
東京成徳大学(2014年3月まで)
2014年4月
静岡福祉大学社会福祉学部医療福祉学科 講師(2019年3月まで)
2019年4月
静岡福祉大学社会福祉学部健康福祉学科(医療福祉学科兼担) 准教授(現在に至る)

研究業績(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 「社会福祉士相談援助演習 事例集」, 学文社, 116-121, 168, 2015.
(共著) 「保健医療と福祉」,学文社,17-28,2020.
(共著) 「高齢者福祉・ソーシャルワークの研究調査」, 一粒書房, 8-20,2020.

(その他)

(単著) 相談援助実習の実習前評価についての実態, 東京成徳大学研究紀要, 第20号, 165-172, 2013.
(単著) 単身低所得高齢者の支援のあり方に関する一考察, 東京成徳大学研究紀要, 第21号, 89-98, 2014.
(単著) 単身低所得高齢者への家族的支援の影響, 静岡福祉大学紀要, 第11号, 63-68, 2015.
(単独) 介護老人福祉施設における医療的ケアの現状, 国際医療福祉大学学会学術大会発表, 第5回, 2015.
(単著) 退院後の受け皿としての介護老人福祉施設の可能性, 静岡福祉大学紀要, 第12号, 33-40, 2016.
(共著) 介護予防訪問介護・通所介護の地域支援事業への移行課題と対策の方向性, 大阪ガスグループ福祉財団研究報告書, 29, 1-9, 2016.
(共同) 介護予防訪問介護・通所介護の移行課題と対策の方向性ー地域包括支援センターへのアンケート調査からー, 日本介護福祉学会発表, 第24回, 2016.
(共著) 先駆的実践から見えてくる「共生型サービス」の展望, 静岡福祉大学紀要, 第14号, 47-56, 2018.
(共同) 「共生型サービス」の実践的課題と展望ー高齢障害者が直面している現実的課題と支援のあり方ー, 日本地域福祉学会発表, 第32回, 2018.
(単独) 在宅医療領域におけるソーシャルワーカーの業務と期待される役割, 国際医療福祉大学学会学術大会発表, 第8回, 2018.
(共同) 静岡県における「ふじのくに型福祉サービス」と「共生型サービス」の関連性, 日本地域福祉学会発表, 第33回, 2019.
(共同) 8050」世帯に潜む親世代の介護問題, 日本介護福祉学会発表,27,2019
(共同) 静岡県における共生型サービスの実態と課題 -障がい者支援の困難さに焦点をあてて-, 日本地域福祉学会発表,34,2020
(共同) 静岡県における共生型サービスの拡がりの可能性 -共生型サービスの実態調査から-, 日本社会福祉学会発表,68,2020
(共同) 静岡県における共生型サービスの課題と可能性 -潜在的な支え手としての高齢者・障害者・生活困窮者-, 静岡福祉大学紀要第17号,13-18,2021