教員紹介

健康福祉学科(教授)

新井 恵子Keiko Arai

専門分野
高齢者介護、認知症ケア
研究テーマ
認知症ケアにおける介護福祉士教育に関する研究、介護福祉実習における評価に関する研究
所属学会
日本介護福祉学会、日本認知症ケア学会、日本介護福祉教育学会、日本心身健康科学学会
社会活動
焼津市介護認定審査会委員、焼津市認知症対策連絡会議会長、吉田町認知症対策委員、静岡県社会福祉人材センター運営委員、吉田町社会福祉協議会理事
授業担当科目
認知症の理解、認知症ケア、介護の基本、介護過程、生活支援技術、介護総合演習、介護福祉実習、卒業研究
最終学歴
2009年3月 人間総合科学大学大学院
人間総合科学研究科修士課程修了
学位
心身健康科学修士(人間総合科学大学)
主な職歴
1992年4月
薮塚本町医療センター薮塚本町老人保健施設(2001年3月まで)
2001年4月
学校法人群馬常磐学園群馬松嶺福祉短期大学(2003年3月まで)
2003年4月
社会福祉法人泰和会しみずの里 ホームヘルプステーション(2004年3月まで)
2004年4月
学校法人江戸川学園江戸川大学総合福祉専門学校(2006年3月まで)
2006年4月
学校法人群馬常磐学園群馬松嶺福祉短期大学(2011年3月まで)
2006年4月
学校法人江戸川学園江戸川大学総合福祉専門学校 非常勤講師(2012年3月まで)
2010年4月
社会福祉法人三吉大泉保育福祉専門学校 非常勤講師(2012年3月まで)
2011年4月
学校法人総持学園鶴見大学短期大学部 非常勤講師(現在に至る)
2011年4月
一般社団法人群馬県介護福祉士会事務局(2012年3月まで)
2011年4月
群馬県社会福祉協議会嘱託職員(2012年3月まで)
2012年4月
静岡福祉大学社会福祉学部健康福祉学科 講師
2014年4月
静岡福祉大学社会福祉学部健康福祉学科 准教授
2019年4月
静岡福祉大学社会福祉学部健康福祉学科 教授(現在に至る)

研究業績(過去10年のもの)

(著書)教科書含む

(共著) 「介護福祉事典」, ミネルヴァ書房, 580-587, 594-587, 2014.
(共著) 「認知症ケア用語辞典」, ミネルヴァ書房, 2016.
(共著) 「クエスチョン・バンク介護福祉士国家試験問題解説2021」メディックメディア,2020.
(共著) 「クエスチョン・バンク介護福祉士国家試験問題解説2022」メディックメディア,2021.

(学術論文)

(単著) 介護福祉士養成における人材育成の一考察-サークル活動から就職後の意識と行動の変化-, 総合人間科学研究, 第4号, 2011.

(その他)

○学会発表
(単独) 養成学校卒業生が直面する課題と卒業研修-フォローアップ研修調査結果から-, 日本介護福祉学会第26回大会, 2018.
(単独) 大学生と家族会による認知症カフェの継続的な運営に関する一考察,日本認知症ケア学会第21回大会,2020.
○紀要
(共著) 介護福祉実習における意識の変化から、今後の実習指導の在り方についての一考察 -実習指導者・利用者・介護職員の変化-, 静岡福祉大学紀要, 第10号, 109-116, 110, 2014.
(共著) 介護学生のアセスメント力向上へ向けた試み-科目「介護過程」における演習用教材の作成と活用の検討-, 静岡福祉大学紀要, 第17号, 67-74, 2021.
○その他
(共同) 2019年度産学官連携研究開発助成事業「介護動作指導支援システムの開発」,公益財団法人静岡県産業振興財団,2019.
(共同) 令和2年度静岡県経営革新計画測深事業「介護動作指導支援システムの改良提案及びユーザビリティ評価」,公益財団法人静岡県産業振興財団,2021.
○シンポジウム
(単独) 2019年度ふじのくに地域・大学コンソーシアム大学連携講座 明日の“介護”を創るために ~ふじのくにの地域共生を語ろう~ 第1回中部会場「老いを支え、地域を拓く介護~新たな介護福祉(士)像を求めて~」, 公益社団法人ふじのくに地域・大学コンソーシアム, 2020.
(共同) 2020年度ふじのくに地域・大学コンソーシアム大学連携講座「〈いのち〉に寄り添うケアとは~福祉職の魅力を語る~」, 公益社団法人ふじのくに地域・大学コンソーシアム, 2021.