教員紹介

健康福祉学科(准教授)

太田 洋一Yoichi Ohta

専門分野
スポーツ科学
研究テーマ
ヒトの身体運動のパフォーマンスを決定する要因の検討
所属学会
日本体育学会、日本運動生理学会、日本バイオメカニクス学会、日本体力医学会、日本トレーニング科学会

授業担当科目
生涯スポーツⅠ①・Ⅰ②、生涯スポーツⅡ①・Ⅱ②、健康科学概論、健康トレーニング論、体力測定評価演習、機能解剖学、運動障害と機能回復、スポーツ実習
最終学歴
2009年3月 大阪体育大学大学院 スポーツ科学研究科
博士後期課程修了
学位
博士(スポーツ科学)
主な職歴
2008年3月
鹿屋体育大学 研究補助員
2008年6月
鹿児島医療福祉専門学校 理学療法学科 非常勤講師
2009年4月
大阪体育大学 体育学部 助手
2010年4月
国立スポーツ科学センター 研究員
2011年4月
愛知淑徳大学健康医療科学部スポーツ・健康医科学科 助教
2012年4月
東海学園大学経営学部 非常勤講師
2016年4月
静岡福祉大学健康福祉学科 講師
2018年4月
静岡大学 非常勤講師
2019年4月
静岡福祉大学健康福祉学科 准教授(現在に至る)

研究業績(過去10年のもの)

(学術論文)

(共著) 自転車競技の発走機を用いたスタートにおける体幹および上肢のキネマティクスとパフォーマンスの関係、 トレーニング科学Vol.23, No.1, 21-30, 2011.
(共著) The diameter and compliance of conducting artery in trained persons with tetraplegia, International Journal of Sport and Health Science Vol, 9, 49-53, 2011.
(共著) 大学における健康講座の実施について 愛知淑徳大学 アクティブラーニング 第5号 1-13, 2011.
(共著) 自転車競技(200mFTT, 250mTT, 500mTT, 1KmTT, 4KmTT)における記録とレース中の速度変化特性、クランク回転数変化特性およびギア比との関係 トレーニング科学Vol.23. No.2. 177-195, 2011.
(共著) 流速の異なるクロール動作中の腹腔内圧の変化様相 トレーニング科学Vol.24, No.1, 69-75, 2012.
(共著) Kinesthetic aftereffects induced by a weighted tool on movement correction in baseball batting. Human Movement Science, Vol. 31, Issue 6, 1529-1540, 2012.
(単著) Effects of tendinous tissue properties on force output evoked by 2-pulse trains at different inter-pulse intervals in the human tibialis anterior muscle. Acta of Bioengineering and Biomechanics. Vol.14, No.4,45-52, 2012.
(共著) Possibility of intrinsic muscle contractile properties in force summation and post-activation potentiation as indices of maximal muscle strength and muscle fatigue. Muscle&Nerve Vol.47(6), 894-902, 2013.
(単著) The relationship between changes in joint kinematics parameters and mechanom yographic signals during non-isometric contraction in human skeletal muscle. Acta of Bioengineering and Biomechanics. Vol.15, No.2, 97-104, 2013.
(共著) Warm-up with weighted bat and adjustment of upper limb muscle activity in bat swinging under movement correction conditions. Perceptual & Motor Skills, 118(1) 96-113.
(共著) Force summation and twitch potentiation capacity in humanankle plantar-and dorsi-flexor muscles. Journal of Musculoskeletal Research, Vol. 17, No.3 (10 pages), 2014.
(共著) Muscle activation characteristics of the front leg during baseball swings with timing correction for sudden velocity decrease. PloS one 10(4) :e0124113, 2015.
(共著) バレーボール競技におけるブロックとセット取得との関係 健康医療科学研究 第5号, 1-8, 2015.
(共著) バットグリップ位置の変化が野球の打撃タイミングと床反力および筋活動に与える影響 体育学研究60, 527-537, 2015.
(共著) 垂直跳と下肢等尺性筋力発揮のグレーディング能力の関連性, トレーニング科学, vol.27, No.4, 133-139, 2016.
(単著) Effects of oncoming target velocities on rapid force production and accuracy of force production intensity and timing. Journal of Sports Sciences 35 (23), 2304-2312, 2017.
(単著) Effect of bilateral contraction on the ability and accuracy of rapid force production at submaximal force level.PLoS ONE 16(2):e0247099, 2021.

(学会発表・国内)

(共同) 骨盤の回転動作および体幹の捻転動作がバッティングのタイミング調整に及ぼす影響, 日本体育学会第62回大会予稿集 146, 2011.
(共同) 重いバットでの素振りが打撃時のタイミング制御に及ぼす影響, 日本体育学会第62回大会予稿集 96, 2011.
(共同) 筋疲労が加重張力の活動後増強に及ぼす影響, 第66回日本体力医学会, 2011.
(共同) 野球選手の標的速度変化に対するタイミング制御能力について, 日本体育学会第64回大会予稿集 127, 2013.
(共同) 発揮張力における活動後増強と収縮加重の関係, 第69回日本体力医学会, 2014.
(共同) 異なる標的速度状況下においてバットを短く持つと野球打撃の時間的な正確性は高まるのか?, 第69回日本体力医学会, 2015.
(共同) フライングディスクのサイドおよびバックハンドスローにおける標的距離とディスク速度および回転数の関係, 第28回日本トレーニング科学会大会, 2015.
(単独) 球技競技選手の移動標的に対する素早い力発揮とタイミングの正確性について, 日本体育学会第67回大会, 2016.
(共同) 活動後増強がrate of force development scaling factor(RFD-SF)に与える影響, 日本体育学会第68大会予稿集, P196, 2017.
(単独) 両側同時および一側単独の握力発揮における最大下での素早い力発揮能力と力発揮の正確性について, 日本体育学会第68回大会, 2018.
(共同) 座禅や瞑想が自律神経バランスに与える影響, 第74回日本体力医学会大会, 2019.
(単独) RFD-SFは特定の力発揮強度における素早い力発揮能力の評価指標となるか?, 日本体育学会第70回大会, 2019.
(共同) がん患者およびがんサバイバーを対象とした坐禅体験前後の整理心理的変化-自律神経活動と一カ月後に実施したアンケート結果から-, 第75回日本体力医学会大会, 2020.

(学会発表・海外)

(共同) Fatigue-induced changes in longitudinal relaxation time obtained by magnetic resonance imaging. 16th annual Congress of the ECSS 6-9 July 2011, Liverpool-UK 2011.
(共同) Possibility of intrinsic muscle contractile properties as an index of maximal muscle strength and muscle fatigue. 17th annual Congress of the ECSS 4-7 July 2012, Bruges-Belgium. 2012.
(単独) Force production and coincident timing accuracy during rapid gripping at different target velocities in ball game players. 20th annual Congress of the ECSS 24-27 June 2015, Malmo-Sweden 2015.

(その他)

○紀要
(共著) 活動後増強がrate of force development scaling factor(RFD-SF)に与える影響,  静岡福祉大学紀要, 15, 1-6, 2019.
(共著) 高齢者を対象とした加速度脈波測定システムを用いた坐禅前後の自律神経機能評価-“不整脈/通信エラー”を含む報告-,  静岡福祉大学紀要, 17, 9-12, 2021.